iOS 16ではSafariに加えシステムベースでロイヤリティフリーで圧縮率の高い画像フォーマット「AVIF」がサポート。

スポンサーリンク

 iOS 16ではSafariはもちろんシステムベースでAVIFイメージがサポートされています。詳細は以下から。

AVIFのロゴ

 Appleは現地時間2022年09月12日、iPhone 8シリーズやiPhone X、iPhone SE (第2世代)以降のiPhoneに対応し、ロック画面のパーソナライズなどをサポートしたiOS 16を正式にリリースしましたが、このiOS 16ではシステムベースでAVIF(AV1 Image File Format)」イメージがサポートされています。

iOS 16はAVIFイメージをサポート

 AV1コーデックやAVIFは、AmazonやNetflix、Cisco, Googleなどが設立したAlliance for Open Mediaが開発するロイヤリティフリー&圧縮率の高い映像/画像フォーマットで、AmazonやNetflixなど動画配信プラットフォームが積極的に採用しており、AppleでWebエバンジェリストを務めるJen Simmonsも今年07月、iOS 16やmacOS 13 VenturaのデフォルトブラウザとなるSafari v16からAVIFのサポートを開始すると発表していましたが、

AVIF iOS 16 Safari 16 preview

https://github.com/AOMediaCodec/av1-avif/tree/master/testFiles/Netflix/avif

iOS 16ではファイルや写真、サードパーティ製アプリなどシステムベースでAVIFフォーマットの画像ファイルを表示できるようになっています。ただし、macOSではmacOS 11 Big SurやmacOS 12 MontereyのSafariをSafari v16へアップデートしてもAVIFフォーマットの画像ファイルは表示されず、macOS 13 Ventura以降のSafariでのサポートとなるそうなので、全てのAppleデバイスでAVIFがデフォルトサポートされるには後2年は掛かりそうです。

iOS 16 AVIF EXIF

iOS 16の写真アプリではAVIFがHEIFフォーマットとして認識されてしまう不具合があるようです。
  • iOS 16の新機能まとめ (準備中)

コメント

  1. 匿名 より:

    こいつの影響で画像が表示されないサイトが出てきたからアプデできない。