Pioneer DJ、Intel/Apple Silicon MacのmacOS 11 Big Surとハードウェア製品の互換性情報を公開。rekordboxはRosetta 2で利用可能。

スポンサーリンク

 Pioneer DJがIntel/Apple Silicon MacのmacOS 11 Big Surと同社DJハードウェア製品の互換性情報を公開しています。詳細は以下から。

rekordbox v6

 DJ機器や関連アプリケーションを開発&販売しているPioneer DJは日本時間2021年02月04日、Appleが昨年11月にリリースしたmacOS 11 Big SurおよびApple Silicon (M1チップ)搭載のMacと、同社のハードウェア製品およびrekordboxなどのソフトウェアとの互換性情報を更新し、互換性の確認が完了したと発表しています。

平素は当社製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。macOS Big Sur(Intel Coreプロセッサ/M1 chip)の最新アップデートにて、ソフトウェア、ハードウェア製品の互換性確認が完了しました。下記のリストに記載の無い機種はサポートを終了しています。

macOS Big Sur 11.2 対応状況 – Pioneer DJ

 Pioneer DJによると、一部のDJミキサーやコントローラーは製品は最新のBig Sur専用ドライバーまたは最新のソフトウェアを必要としますが、ほぼ全てIntel/Apple Silicon Macで検証が完了しており、

Pioneer DJ compatibility for macOS Big Sur

rekordboxもApple Silicon Macでネイティブ動作するようには、最新のrekordbox v6.5.0とAppleのRosetta 2を利用して利用できるようになっているので、ユーザーの方は検証してみてください。

rekordbox v6.5 update 2021

Apple M1チップのMacでは、AVX CPU命令セットが必要なrekordboxのボーカル位置解析機能は利用できないようになっているそうです。