Apple Siliconに対応したSVG画像ビューア「Gapplin v2.0」がリリース。

スポンサーリンク

 SVG画像ビューア「Gapplin」がApple Siliconに対応しています。詳細は以下から。

Gapplin

 GapplinはCotEditorなどを開発するMineko Imanishiさんが公開しているMac用SVG画像ビューアですが、このGapplinがApple Siliconに対応した「Gapplin v2.0」としてリリースされています。

Gapplin v2.0

 Gapplin v2.0ではIntelとApple Siliconに対応したUniversal 2 Binaryとなった他、アプリケーションアイコンがBig Sur以降に最適化され、Quick LookプラグインがアニメーションSVGのプレビューに対応しています。

Animated SVG

 また、今回のアップデートではシステム要件がmacOS 11 Big Sur以上に変更されていますが、アプリは聞き続きMac App Storeで無料公開されているので、SVG画像ビューアをお探しの方はチェックしてみてください。

Gapplin v2.0

  • macOS 11 Big SurとmacOS 12 Montereyに対応して、システム要件をmacOS 11以降に
  • Apple Siliconに対応
  • アプリケーションアイコンを更新
  • SVG(Z)イメージの書類アイコンを更新
  • ツールバーを更新
  • SVG画像をクリップボードにコピーできるように
  • Quick LookがアニメーションするSVGに対応
  • ビューアの状態を反映したプリント
  • キャンバスの背景をカスタマイズできる機能を廃止
  • ステータスバーがウインドウを押し広げる不具合を修正
  • アウトラインツールバー項目のテキスト表現を修正