MacPaw、ロシア製やロシアのサーバーにアクセスするMacアプリを検出し、アンインストールできるようにしてくれるアプリ「SpyBuster」をリリース。

スポンサーリンク

 MacPawがロシアやベラルーシ・ベースの企業が開発したMacアプリを検出&アンインストールできるようにしてくれるアプリ「SpyBuster」をリリースしています。詳細は以下から。

SpyBuster

 Mac用メンテンナンスツールCleanMyMac Xや、Mac App Store Best of 2012を受賞した重複ファイル検索アプリGeminiなどを開発するウクライナのソフトウェメーカーMacPawのR&DチームのリーダーSergii Kryvoblotskyiさんは現地時間2022年03月22日、現在ウクライナに侵攻するロシアやベラルーシ・ベースの企業が開発したアプリを検出できるアプリ「SpyBuster」を新たにリリースしたと発表しています。

Static Analysis identifies applications with undesirable countries of origin, such as the Russian Federation and Belarus.

SpyBuster: Unmask a spy. Save your data – MacPaw

スポンサーリンク

SpyBuster

 Kryvoblotskyiさんによると、ロシアでは2016年からYarovaya lawという法律により、通信事業者は音声通話やデータ、画像、テキストメッセージを6ヶ月間ロシアのサーバーに保管し、暗号化されたデータをやり取りするメッセンジャーアプリはロシア連邦保安庁(FSB)が、暗号化された通信にアクセスし解読できるようにするこをと許可しているため、このアプリを開発したそうで、SpyBusterにはStaticとDynamic Analysisという2つの機能があり、

Statiс Analysis

Statiс Analysis

Statiс Analysis機能は、Macにインストールされているアプリのバイナリやリソースから、そのアプリがロシアやベラルーシで開発された、またはロシアにサーバーやオフィスがあるかをチェックし、リスト化してアンインストールできるようにしてくれる機能で、

Dynamic Analysis

Dynamic Analysis

インストールした機能拡張はSpyBusterメニューの[Uninstall System Extension…]からアンインストールできます。

Dynamic Analysisは、ネットワーク監視/ファイアーウォール・アプリLittle Snitchの様に、Macに機能拡張をインストールし、アプリケーションの通信をリアルタイムでスキャンし、ロシアのサーバー(IPアドレス)にアクセスしようとするアプリがあると警告を表示、[Deny List]に登録しアクセスを遮断する事ができるそうです。

 SpyBusterのシステム要件はmacOS 10.15 Catalina以上で、IntelとApple Siliconに対応したUniversal 2 Binaryとなっており、アプリはMacPawの公式サイトから無料でダウンロードできるそうなので、興味のある方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    中国も入れてくれよ

  2. 匿名 より:

    なんかObjective-seeのLuluを改変しただけっぽいですね