Apple M1チップに対応し、ブラウジングやタブを開く速さが約2倍になったWebブラウザ「Vivaldi 3.7」がリリース。

スポンサーリンク

 Apple M1チップに対応しブラウジングやタブを開く速さが約2倍になったWebブラウザ「Vivaldi 3.7」がリリースされています。詳細は以下から。

Vivaldi 3.7

 ルウェーVivaldi Technologies ASは現地時間2021年03月18日、Mac/Windows/Linuxのクロスプラットフォームに対応したWebブラウザ「Vivaldi v3.7」をリリースし、Mac版は新たにIntelとApple Silicon M1チップをサポートしたUniversal 2 Binaryとなったと発表しています。

Vivalidi 3.7 update support Apple Silicon Mac

Vivaldi 3.7では、高速化に注力しました。ブラウザのタブを開く速度が2倍に、新しいウィンドウも以前より26%速く開きます。毎日何十回も使う操作が高速化することで、1日のうちの数秒や数分、1年で見たら数時間が短縮できるでしょう。さらに今回のアップデートでは、新しいARMベースのM1プロセッサを搭載したAppleコンピューターをネイティブでサポートしました。

Vivaldi、スピードアップ – Vivaldi Browser

スポンサーリンク

ベンチマーク

 Vivalidi v3.7ではApple Silicon M1チップに対応したことで、ブラウジングが2倍速くなり(主にJavaScript処理)、全体的なパフォーマンスが向上したということで試してみました。

Vivaldi v3.7とv3.6

Universal 2 Binaryとなったことで、ファイルサイズも約1.8倍になっています。

 VivalidiはChromiumベースのブラウザのため、結果は以下の通り2021年02月にApple Siliconに対応したMicrosoft Edge for macOSと似た傾向で、WSLやpoker.js, uglify.js, typescript.jsなど合計64のサブテストを行うJetStream 2ベンチマークでは約1.5倍、

Vivaldi v3.7とv3.6のJetStream 2ベンチマーク

MacBook Pro (M1, 13-inch, 2020)でのVivaldi v3.7とv3.6のJetStream 2ベンチマーク

React with ReduxやAngular、Vue.js、Preact、Infernoなど複数のJavaScriptフレームワークを用いたToDoリストWebアプリの実行速度を測定するSpeedoMeter 2.0では約1.92倍とJavaScript処理を中心に、前バージョンのIntel版のVivaldi v3.6をRosetta 2エミュレートで利用していた場合より格段にレスポンスが向上しています。

Speedmeter 2.0ベンチマークの値

MacBook Pro (M1, 13-inch, 2020)でのVivaldi v3.7とv3.6のSpeedmeterベンチマーク

タブ

 また、Vivaldi v3.7ではタブの開閉パフォーマンスが向上しており、最大2倍の速さでタブが開くようになっているそうで、スタートページで比較したところ、Vivaldi v3.6ではBlank Pageが数ミリ秒表示されたのに対し、v3.7ではショートカットキーの入力とほぼ同時にタブが開くようになっていました。

 この他、Vivaldi v3.7では新しいウィンドウが26%高速に開けるようになり、自動リロードの改善、検索対象の優先順位変更オプション、アドレスバー、メニュー、クイックコマンド、タブ機能の改善が行われているそうなので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    > 改善が行われていないそうなので
    改善してないんかい!

    • applech2 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      先程修正したので、朝には更新されていると思います。
      >改善が行われていないそうなので → 改善が行われているそうなので

  2. 匿名 より:

    Safari早すぎでしょ
    まあIntel時代からそうだけども