Web閲覧履歴のカレンダー表示や統計情報が表示可能になった「Vivaldi v1.8」がリリース。

スポンサーリンク

 Web履歴のカレンダー表示や統計情報が表示可能になった「Vivaldi v1.8」がリリースされています。詳細は以下から。

Vivaldi Icon

 ルウェーVivaldi Technologies ASがクロスプラットフォーム対応のWebブラウザ「Vivaldi v1.8」(関連記事)をリリースしたと発表しています。Vivaldi v1.8では新たに履歴表示が刷新されカレンダービュー表示や統計情報が確認できるようになっています。

New features

  • Create a new and more advanced history (VB-627)
  • History panel (VB-25525)
  • Auto-muting options for tabs (VB-25474)
  • Add option to set home page to startpage (VB-25082)
  • Add “Open Link” (in current tab) to document context menu (VB-25175)
  • Make option for graying/shading hibernated tabs (VB-25337)
  • More visible highlight to use drop-down (VB-5827)
  • Allow creating a note from dragged text (VB-25402)
  • Add “Copy Selection to New Note” menu entry in Notes menu (VB-25379)
  • Add “Open Image” to image context menu (VB-25883)
  • Add new tab introducing to new features on update (VB-26270)
  • Context menu for image searching is needed (VB-13533)
  • Uninstall should open an uninstall page to help find out how Vivaldi can be improved (VB-26219)
  • [Windows] Allow notifications of new versions even if Vivaldi is not running

Vivaldi Makes History – Vivaldi Browser

スポンサーリンク

新しい履歴表示

 Vivalid v1.8では新たにWebページの閲覧履歴画面が刷新され、これまでのリスト表示以外に日, 週, 月で過去に閲覧したWebページを表示できるようになった他、ブラウジングを行っている時間帯を折れ線グラフで表示する「ブラウジング活動」、

ページ遷移のタイプを円グラフで表示する「リンクのトランジション」、閲覧履歴が多いドメインを表示する「上位5件のドメイン」、1日に閲覧した総ページ数などが表示できるようになっています。

サイドパネル

 また、同バージョンではサイドパネルにも新機能が搭載されており、ノートパネルではWebパネルからドラッグ&ドロップでノートを作成する機能や、新たに履歴パネルが追加されているので、興味のある方はチェックしてみてください。