ChromiumベースのWebブラウザ「Microsoft Edge for macOS」がApple Siliconに対応。JavaScriptやWebアプリの処理が約1.7倍高速に。

スポンサーリンク

 ChromiumベースのWebブラウザ「Microsoft Edge for macOS」がApple Siliconに対応しています。詳細は以下から。

MicrosoftEdge

 Microsoftは現地時間2021年01月30日ChromiumベースとなったWebブラウザ「Microsoft Edge for macOS」のv88.0.705.56をリリースしましたが、同バージョンから、Apple Silicon対応版の提供を開始したそうです。

Microsoft Edge for macOS

Apple Silicon(Universal 2 Binary)のEdgeはIntel Onlyとは別で提供されているので注意してください。

 Apple Silicon Mac対応のブラウザは既にSafariやChrome、Firefoxなどがリリースされているため、対応としては遅いほうですが、Apple SiliconをネイティブサポートしたEdgeはChromeやFirefox同様、Rosetta 2を利用して実行されていた前バージョンと比較して分かりやすく高速になっており、

IntelとUniversal版のMicrosoft Edge

IntelとUniversal版のMicrosoft Edge for macOSで測定したSpeedoMeter 2.0ベンチマークスコア

テストしてみたところ、WSLやpoker.js, uglify.js, typescript.jsなど合計64のサブテストを行うJetStream 2ベンチマークでは約1.5倍、React with ReduxやAngular、Vue.js、Preact、Infernoなど複数のJavaScriptフレームワークを用いたToDoリストWebアプリの実行速度を測定するSpeedoMeter 2.0では約1.7倍とJavaScript処理を中心に、前バージョンのIntel版のMicrosoft Edgeよりレスポンスが向上しています。

JetStream 2とSpeedoMeter 2.0のベンチマーク

スポンサーリンク

その他

 この他、最新のMicrosoft Edge for macOSでは表示しているWebサイトの全体/一部を切り取って共有できる「Webキャプチャ」機能や、

Microsoft Edge Webキャプチャ

タッチバー上へのPinPボタンの配置、フルスクリーンモードでのユーザーエクスペリエンスの向上など、様々な改善が行われているそうなので、興味のある方は試してみてください。

Picture-in-picture mode from touch bar

コメント

  1. 匿名 より:

    Intel CPU 形無しだな・・・