複数のPNG画像を一括で圧縮/リサイズし、透かしの挿入も可能なMac用イメージコンバーター「PNG Light」がリリース。

スポンサーリンク

 複数のPNG画像を一括で圧縮/リサイズし、透かしの挿入も可能なMac用イメージコンバーター「PNG Light」がリリースされています。詳細は以下から。

PNG Ligh‪t‬

 PNG LightはWebPやHEIC、JPG、PNGなどの画像ファイルを一括変換、圧縮、リサイズしてくれるMac用イメージコンバーターImage Tool+/WebP Converterを開発しているReiji Kobayashiさんが新たに公開したイメージコンバーターアプリで、ドラッグ&ドロップした複数のPNG画像を一括して圧縮、リサイズする機能があります。

PNG Ligh‪t‬

PNG画像をWebサイト, Blog, 送信等様々な用途のために最適化できます。複数PNG画像に対し一括で圧縮、リサイズ、透かしをすべてオフラインで実施できます。

PNG Ligh‪t‬ – Mac App Store

 ライセンスを見る限りPNG LightにはImageAlphaと同じpngnq-s9ライブラリが利用されており、透かし(ウォーターマーク)を任意の位置に挿入することも可能で、100回のPNG画像を処理後はアプリ内課金で250円を支払い制限を解除する必要がありますが、アプリはMac App Storeで無料で公開されており、システム要件はmacOS 10.15 Catalina以上となっているので、PNGファイルの一括処理をしたい方は試してみてください。

PNG Lightの透かし

ImageAlphaは複数ファイルのバッチ処理に対応しておらず、2017年で開発が止まっているようです。