Mac/Win/Linuxのクロスプラットフォームに対応したツイート専用Twitterクライアント「Tweet Tray」が日本語に対応。

スポンサーリンク

 Mac/Win/Linuxのクロスプラットフォームに対応したツイート専用Twitterクライアント「Tweet Tray」がリリースされています。詳細は以下から。

Tweet Try

 Tweet TrayはMoneyTree KKのプロダクトマネージャーJonathon Toonさんが今年02月から開発&公開を続けているオープンソースのTwitterクライアントで、Electron&Reactを利用しMac/Windows/Linuxのクロスプラットフォームで利用することが出来ますが、このTweet Trayがv1.1.0アップデートで日本語など7言語にローカライズされたそうです。

Tweet Tray is a small application which allows you to tweet from your desktop taskbar or menubar, without any further distractions. The core technology used consists of Electron, React + Redux and Styled Components. All transpiled from ES6 Javascript.

jonathontoon/tweet-tray: Tweet quickly from the desktop without any distractions. – GitHub

 Tweet TrayはTweetShotと同じツイート専用のTwitterクライアントで、ソースコードはMITライセンスで公開されており、macOSのメニューバーやWindowsのタスクバー常駐しツイートウィンドウを表示&ツイートすることが出来るので、タイムラインを見ずにTwitterを楽しみたい方はチェックしてみて下さい。

Tweet Tray

Homebrew Caskに対応しているので”$brew cask install tweet-tray”でもインストール可能です。