Apple M1チップを搭載したMacで動作する「Parallels Desktop for Mac」は現在開発中で、近くTechnical Previewを公開。

Parallels Desktop for Mac with Apple Silicon M1 Mac Parallels-Desktop
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Apple M1チップを搭載したMacで動作する「Parallels Desktop for Mac」は現在開発中で、近くTechnical Previewを公開するそうです。詳細は以下から。

Parallels Desktop v13 for Macのアイコン

 macOS向けの仮想化ソリューションを提供しているCorel Corporation傘下のParallels International GmbH.は現地時間2020年11月10日、Appleが新たに発表した初のApple Silicon「Apple M1チップ」を搭載したMacでは現在リリースされているParallels Desktop for Macは動かないものの、既にM1 Macで動作する「Parallels Desktop for Mac」の開発に動き出していると発表しています。

Parallels Desktop for Mac with Apple Silicon M1 Mac

However, virtual machines are an exception. It is important to note that currently available versions of Parallels® Desktop for Mac cannot run virtual machines on Mac with Apple M1 chip. Good news: A new version of Parallels Desktop for Mac that can run on Mac with Apple M1 chip is already in active development.

Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip – Parallels Blog

 Appleは今年06月に開催されたWWDC20で、Parallelsと協力してARM版Debian GNU/LinuxやDockerが動作する仮想マシンをApple Silicon Mac上で作成することができるParallels Desktopの開発をParallelsが進めているとコメントしていたので、今回の発表は、それが最終段階にあることを示しているようです。

Parallels Desktop for Apple Silicon Mac

 ParallelsはWWDC20以降、ARM版Windows 10がx64アプリをエミュレートするというニュースにも驚きながらも、Parallels DesktopをUniversal Binaryに切り替え、Virtualizationコードの最適化を進め、近くApple M1チップを搭載したMacユーザー向けに評価版のParallels Desktopを公開する「Parallels Technical Preview Program」を開始すると発表しているので、

Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip

Parallels Desktopを利用しMacBook Air (M1, 2020)やMac Pro (2019)、Mac mini (M1, 2020)でARM版Debian GNU/Linux、Dockerがどの程度動作するか気になる方はTechnical Preview Programに登録してみてください。

追記

 Parallels DesktopはParallels Desktop 16 for MacでmacOS 11 Big Sur搭載のIntel Macには既に対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました