Parallels、ARMベースのOSをインストール可能な仮想環境を構築できる「Parallels Desktop 16 for M1 Mac Technical Preview」を公開。ARM版Windows 10も仮想化可能。

スポンサーリンク

 ParallelsがARMベースのOSをインストール可能な仮想環境を構築できる「Parallels Desktop 16 for M1 Mac Technical Preview」を公開しています。詳細は以下から。

Parallels® Desktop 16 for M1 Mac Technical Preview

 macOS向けの仮想化ソリューションを提供しているCorel Corporation傘下のParallels International GmbH.は現地時間2020年12月17日、11月にアナウンスしていた通り、Apple Silicon M1チップを搭載したMacで、ARMベースのOSをインストール可能な仮想環境を構築できる「Parallels® Desktop 16 for M1 Mac Technical Preview」をTechnical Previewメンバー向けに公開したと発表しています。

Parallels® Desktop 16 for M1 Mac Technical Preview

We are very excited to inform you about the launch of the Parallels® Desktop 16 for M1 Mac Technical Preview program – available for download now.

メーリングリストより

 Parallelsによると、ParallelsのエンジニアリングチームはApple M1チップのハードウェア仮想化支援を使用した新しい仮想化エンジンを作成し、ARMベースのOSを実行できる仮想マシンの作成環境を構築したそうで、この環境では当然Intel x86ベースのOSを実行可能な仮想マシンの構築は不可能で、その他にも以下のような制限があり、コヒーレンスモードや共有フォルダなど多くの機能が未実装となっているそうです。

Parallels Desktop 16 for M1 Macのシステム要件

  • Apple M1チップを搭載したMac
  • ARMベースのOSのイメージ(VHDXまたはISO)

制限

  • Intel x86ベースのOSを仮想マシンにインストールしたり、起動することはできません。
  • 仮想マシンのサスペンドやレジューム、実行中の状態のスナップショットから仮想マシンを元に戻すといった機能などは利用不可能。
  • 仮想マシン実行中に閉じるボタンは使用できません。
  • 仮想マシンでARM32アプリは実行できません。
Parallels Desktopの制限の一部はUTMと同じくAppleのHypervisorフレームワークが、特定の機能をサポートしていないためだと思われます。

 また、特にコメントされていませんが、Parallels Desktop 16 for M1 Mac Technical Previewには、Intel版のParallels Desktopと同じくインストールアシスタントがWindowsのインストーラーを自動検索し、クリックだけでARM版Windows 10をインストールしてくれる機能が実装されているので、

Parallels® Desktop 16 for M1 Mac Technical Preview

MicrosoftがOEM以外にもARM版Windows 10のライセンスを許可すれば、Apple M1 MacでARM版Windows 10を利用することは可能になりそうです。

ARM版Windows 10 on Parallels Desktop 16 for M1 Mac Techn

コメント

  1. 匿名 より:

    はてさてARM版Windowsの入手性はどうなるやら