macOS 11 Big SurではMacBookの充電時間を学習し、MacBookを使い始める直前までバッテリーの充電率を80%で保留する「バッテリー充電の最適化」機能が導入されているので注意を。

スポンサーリンク

 macOS 11 Big SurではMacBookシリーズの充電時間を学習し、MacBookを使い始める直前までバッテリーの充電率を80%で保留する「バッテリー充電の最適化」機能が導入されているので注意してください。詳細は以下から。

macOS 11 Big Surのバッテリーアイコン

 Appleは本日リリースしたmacOS 11 Big Surのシステム環境設定アプリにiPhoneと同じバッテリー項目を導入し、MacBookシリーズでは過去24時間と過去10日間のバッテリーレベルと電力使用状況が確認できるようになりましたが、

macOS 11 Big Surのバッテリーパネル

このmacOS 11 Big SurへアップグレードしたMacBook Air/Proシリーズでは、ユーザーがMacBookに電源アダプタを接続して充電する時間をOSが学習し、MacBookを使い始める直前までバッテリーの充電率を80%で保留する「バッテリー充電の最適化」機能が導入されています。

最適化されたバッテリー充電機能のバグ

iOS 13でバッテリー充電の最適化を行ったことにより、バッテリーの充電率が80%で止まってしまった例。

スポンサーリンク

バッテリー充電の最適化

 バッテリー充電の最適化(または、最適化されたバッテリー充電)はAppleが既にiOS 13のiPhoneiOS 14.2とAirPods Proで導入している機能で、バッテリーをフル充電し続けることでバッテリーを劣化させないように、ユーザーがiPhoneやAirPod Proを日常いつ充電しているかを学習し、そのデータを元にiPhoneやAirPods Proが使用される直前までバッテリーの充電率を80%で保留しておくというもので、

最適化されたバッテリー充電機能のインシデント

バッテリー充電習慣の学習により10時にフル充電されるようにスケジュールされたiPhone。

macOS 11 Big Surへアップグレードするとデフォルトでこの機能がONになっているため、バッテリーを充電する時間がバラバラで、MacBookを持ち出す際はバッテリー充電率を常に100%にしておきたい方は、システム環境設定の[バッテリー] → [バッテリー]サイドバーで[✅バッテリー充電の最適化]をOFFにしておくことをお勧めします。

バッテリー充電の最適化

バッテリーの劣化を軽減するため、このMacが日ごろどのように充電されているかを学習し、次にこのMacをバッテリーで使い始める直前まで80%を超える充電を保留することがあります。

この設定は古いMacBook Air/Proでは利用できません。

一時的にOFF

 いつもと違う時間にMacBookをバッテリー充電率100%で持ち出したい場合は、同じく[✅バッテリー充電の最適化]オプションで、バッテリー充電の最適化機能を1日だけOFFにすることができます。

macOS 11 Big Surのバッテリー充電の最適化を1日だけOFFに

おまけ

 AppleはmacOS 10.15.5 CatalinaでThunderbolt 3搭載のMacBook Air/Proに、バッテリーの温度の履歴や充電バターンを観察し化学的経年劣化の進行を遅らせて、バッテリーの耐用年数を延ばす新しい「バッテリー状態管理機能」を導入しているので、macOS 11 Big Surで「バッテリー充電の最適化」機能が導入されたことで、MacBookシリーズのバッテリー管理はほぼiPhoneと同じくなりました。

macOS 11 Big Surのバッテリー状態管理機能

バッテリー状態管理機能 バッテリー充電の最適化
iPhone iOS 11.3
(Beta)
iOS 13
MacBook macOS 10.15.5 Catalina macOS 11 Big Sur