macOS 11 Big Sur非対応のMacをBig SurへアップグレードできるようにしてくれるGUIパッチツール「Patched Sur v1.0.0」がリリース。

スポンサーリンク

 macOS 11 Big Sur非対応のMacをBig Surへアップグレードできるようにしてくれるパッチ「Patched Sur v1.0.0」がリリースされています。詳細は以下から。

Patched Sur v1.0.0

 Appleは2020年秋にリリースしたmacOS 11 Big SurでmacOS 10.15 Catalinaまでサポートしていた2012年製のMacBook AirやMac mini、2013年製のMacBook ProやiMacを非サポートとしたため、macOS Big Sur patcherやOpenCore Legacy Patcher(OCLP)などBig Sur非サポートのMacをBig Surへアップグレードさせるパッチがいくつかリリースされましたが、

macOS 10.15
Catalina
macOS 11
Big Sur
macOS 12
Monterey
MacBook 2015以降 Early 2016以降
MacBook Air 2012以降 2013以降 Early 2015以降
MacBook Pro Late 2013以降
Mac mini 2014以降 Late 2014以降
iMac Late 2015以降
iMac Pro 2017以降
Mac Pro 2013以降 Late 2013以降

その様なパッチツールの中で、Swift&SwiftUIによりGUI実装され、比較的使用しやすいパッチツール「Patched Sur」の最新バージョンとなる「Patched Sur v1.0.0」が新たにリリースされています。

Patched Sur v1.0.0

Patched Sur is a UI patcher for macOS Big Sur, designed to make it easy to run macOS 11 on unsupported Macs. This patcher hopes to allow any user of any knowledge to patch their Mac, while still giving you freedom on how you want to use your Mac.

BenSova/Patched-Sur: A simple but powerful patcher for macOS Big Sur. – GitHub

 Patched SurはアメリカのBen Sovaさんらが2020年11月から開発しているBig Sur用パッチツールで、パッチツールの指示通りに進んでいけば非サポートのMacにもBig Surをインストールできるパッチ済みのインストーラーが作成できます。

 Patched Sur v1.0.0ではインストーラー作成時の安定性が向上し、ロシアやウクライナ、ポルトガル、ドイツなど10言語へのローカライズ、NVRAMリセット、互換性がないドライバーのリスト化などが行われており、今後はOCLPを利用したPatched Montereyの開発も行いたいとコメントされているので、古いMacにセキュリティアップデートを適用したい方はチェックしてみてください。

Patched Sur v1.0.0

Patched Sur v1.0.0 New Features

  • Localization!! That means you can use Patched Sur in your language. Currently we support 10 languages (English, Russian, Ukrainian, Portuguese, German, Spanish, Croatian, Bosnian, French and Greek)
  • NVRAM Resets with the brand new Boot.plist patch! After patching the boot.plist (check in Patched Sur -> Settings -> Patch Boot.plist), you can safely reset the NVRAM. Patched Sur will get on your back about it afterwards to restore the value, but…. no prohibited symbol! (DO NOT just expect this to work out of the box, make sure you see “Already Patched Boot.plist” in the patcher settings before reseting the nvram)
  • Add an Incompatible Drives list so you can see why the patcher won’t let you use certain drives.
  • The patcher now uses PatchSystem.sh which is a revamped version of PatchKexts.sh (which was actually a revamped version of patch-kexts.sh).
  • A brand new icon!
  • You can make the post-install app go into Lazy Mode so it doesn’t do as many processes (some are still done, but not all). (Introduced as a feature for my localizers)