通知して欲しい用件と時間を入力するだけで指定時間に通知を表示してくれるMac用リマインダーアプリ「Soon」がリリース。

スポンサーリンク

 通知して欲しい事と時間を入力するだけで指定時間に通知を表示してくれるMac用リマインダーアプリ「Soon」がリリースされています。詳細は以下から。

Soon for Mac

 SoonはノルウェーのDoğacan Bilgiliさんがオープンソースで開発&公開したMac用リマインダーアプリで、通知して欲しい用事やコメント、その用事やコメントを何秒/分後に通知して欲しいかを入力するだけで、macOSの通知機能を利用して通知を表示してくれる機能があります。

Soon for Mac

Soon is a simplistic reminder application for macOS menubar to quickly add small post-it like reminders. When the time comes, Soon sends a system notification to remind your note.

dbilgili/Soon at producthunt – GitHub

 使い方はアプリを起動してメニューバーに表示されるSoonのアイコンをクリック。[What to remind?]に通知して欲しい用件を、[When?]に何秒/何分後に通知して欲しいかを入力するだけで、[When?]には’sec’や’min’、’hr’などの時間単位が利用できます。

Soon for Mac

 また、一定間隔で通知が欲しいユーザーのために’every XX min’といった時間間隔単位も利用可能で、右上の[…]から過去に入力した通知を再利用することもできます。SoonはAppleの開発者アカウントで署名/公証されていないため、macOS 10.14 Mojave以降でアプリを開くにはGatekeeperのセキュリティレベルを下げるか、コンテキストメニューからアプリを開く必要がありますが、ソースコード(GPL 2.0)とアプリはGitHubリポジトリに公開されているので、興味のある方は試してみて下さい。

Soonの通知