VMware、macOS 11 Big Sur betaをサポートした「VMware Fusion」のTech Previewを7月にも公開。

スポンサーリンク

 VMwareがmacOS 11 Big Surに対応した「VMware Fusion」のTech Previewを7月にも公開すると発表しています。詳細は以下から。

VMware Fusionのアイコン。

 仮想化ソリューションVMwareシリーズを開発&販売している米VMware, Inc.は現地時間2020年06月23日、Appleが新たに発表したmacOS 11 Big Sur (Beta)に対応した仮想化アプリ「VMware Fusion」のTech Preview版を07月にも公開すると発表しています。

 VMware FusionのTech Preview版はDirectX 11やMac Proコンテナなど主要な機能を実装する際にユーザーに事前に公開されるもので、今回はmacOS Big Surへの対応が主になると思われますが、

VMware Fusion Tech Preview 20H2のインストール

既に判明している通り、Apple Silicon製MacではIntel to ARMバイナリのトランスレータ「Rosetta 2」が機能拡張とx86_64プラットフォームを仮想化する仮想化アプリをサポートしないため、07月に公開されるVMware Fusion Tech Previewはあくまで、Intel製プロセッサを搭載したMac向けのFusionだと思われます。

Rosetta2が変換できないもの

To the user, Rosetta is mostly transparent. If an executable contains only Intel instructions, macOS automatically launches Rosetta and begins the translation process. When translation finishes, the system launches the translated executable in place of the original. However, the translation process takes time, so users might perceive that translated apps launch or run more slowly at times.

About the Rosetta Translation Environment – Apple Developer Documentation