Apple、デザインを刷新しApple Silicon製Macをサポートした「macOS 11 Big Sur」を発表。システム要件も変更され2013年製以降のMacに。

スポンサーリンク

 Appleがデザインを刷新しApple Silicon製Macをサポートした「macOS 11 Big Sur」を発表しています。詳細は以下から。

macOS 10.13 High Sierraのアイコン。

 Appleは日本時間2020年06月22日午前10時より世界開発者会議(WWDC20)をオンラインで開催していますが、その基調講演で次期Mac用OSとなるコードネーム「macOS Big Sur」を今年の秋にリリースすると発表しています。

macOS Big Sur

 macOS Big Surは2014年に公開されたOS X 10.10 Yosemite以降初となるデザインの刷新が行われるそうで、各シンボル(SF Symbol?)は一貫性と識別性を持ち、ユーザーをコンテンツにフォーカスさせるためのボタンやコントロールは必要なときだけに表示されるようになっており、

macOS Big Sur

通知やウィジェット、アイコンのデザインはもちろん、サウンドまでも刷新しているそうで、Appleユーザー・インタフェース部門のVPであるAlan Dyeさんは「馴染みがあるのに、全く新しいデザインに仕上げた」とコメントしています。

 また、macOS Big Surではシステム要件もアップデートされ、macOS 10.15 Catalinaまでサポートしていた2012年製のMacBook AirやPro、Mac mini、iMacが非サポートとなっているので、ユーザーの方は注意して下さい。

macOS Big Sur 11

macOS 10.14
Mojave
macOS 10.15
Catalina
macOS
Big Sur
MacBook 2015以降
MacBook Air 2012以降 2013以降
MacBook Pro Late 2013以降
Mac mini 2014以降
iMac
iMac Pro 2017以降
Mac Pro Metalと互換性のあるGPUを
積んだMid 2010/Mid 2012以降
2013以降
スポンサーリンク

おまけ

 先程Platforms State of the Unionで発表がありましたが、macOS Big SurはmacOS 10.1xを継承せずに「macOS 11」となるそうです。

macOS Big Sur

コメント

  1. 匿名 より:

    これでcatalinaバグ放置決定だな

  2. 匿名 より:

    Catalinaの不具合が全然修正されないと思ったら・・・やはり新OSに全力投球してたのか

  3. 匿名 より:

    ああ…ついにMac mini 2012切られちゃうか…

  4. 匿名 より:

    新OSは、もっと酷いことになったりして、
    デザインを変えたYosemiteの時は最悪だったし、
    同じこと繰り返す会社だからね。