iPadOS 13.5ではマウスとトラックパッドの動作が改善されている。

スポンサーリンク

 iPadOS 13.5ではマウスとトラックパッドの動作が改善されているそうです。詳細は以下から。

Brydge iPadOS Trackpad

 Appleは現地時間2020年05月20日、iPhoneやiPadデバイス向けにFace ID搭載のiPhoneやiPadでユーザーがマスクを装着している場合、Face ID認証をスキップしてパスコード入力を求めるようにした「iOS 13.5/iPadOS 13.5」をリリースしましたが、同バージョンではiPadOS 13.4でサポートされたマウスとトラックパッドの操作も改善しているそうです。

iPadOS 13.5のiPad Proとトラックパッド

 以前紹介したLogitech(Logicool)Brydgeの方によると、iPadOS 13.5ではサードパーティ製マウスやトラックパッドで(Apple製も?)より正確なマウスポインターの操作が可能になっているそうです。

 また、BrydgeはiPadOSの設定アプリから[アクセシビリティ] → [動作] → [視差効果を減らす]を有効にすることでよりスムーズなスクロール操作などが可能になるとコメントしているので、iPadでマウスやトラックパッドをお使いの方は試してみてください。

視差効果を減らすとアイコンやUIにマウスポインターをホバーした際の動きが減り、素早く動作しますが、Appスイッチャーなどでは視差効果がない分、どこまで動かしたかが分からないので一長一短かもしれません。
スポンサーリンク

おまけ

 また、iPadOS 13.5でも電池式でLightningポートを搭載していない第1世代のMagic TrackpadとMouseはiPadOSでスクロールやジェスチャーに対応していないので、Magic TrackpadやMouse (第1世代)をiPadで使う際は注意してください。

iPadOS 13.4のMagic Trackpad

コメント

  1. 匿名 より:

    改善ている→改善されている

  2. 匿名 より:

    第1世代のMagic TrackpadとMouseでもスクロールくらいは対応してほしいわ・・・