iOS/iPadOS 13.4では2020年製以降のiPadでカバーを閉じるとマイクがハードウェア的に切断され、サードパーティ製アプリがData Vaultによって保護されるように。

スポンサーリンク

 iOS/iPadOS 13.4では2020年製以降のiPadのマイクがハードウェア的に切断されるセキュリティ機能と、サードパーティ製アプリもData Vaultsによって保護されるようになったそうです。詳細は以下から。

Apple Smart Cover

 Appleは現地時間2020年03月24日、macOS 10.15.4 CatalinaおよびiOS/iPadOS 13.4をリリースしましたが、元Duo Securityのエンジニアで現在はAppleのConsulting Engineering Teamで働くPepijn Bruienneさんによると、同アップデートでは2020年製以降のiPadでマイクがハードウェア的に切断されるセキュリティ機能などが追加されたそうです。

Document Revision History
April 2020

  • Pad microphone disconnect added to Hardware microphone disconnect in Mac and iPad.
  • Data Vaults added to How Apple protects users’ personal information.

Apple Platform Security – Apple サポート

スポンサーリンク

新しいセキュリティ機能

 Appleが本日アップデートした「Apple Platform Security」によると、2020年製以降のiPad(iPad Pro)では、Apple T2 セキュリティチップを搭載したMacBook Pro/Airと同様に、MFi認証を取得したiPad用のカバーを閉じるとマイクがハードウェア的に切断され、ファームウェア侵害やrootやkernel権限を持ったソフトウェアでさえ、カバーが閉じられた状態ではマイクにアクセスすることができなくなったほか、

iPad Pro 2020 Smart Cover more smart

iPad models beginning in 2020 also feature the hardware microphone disconnect. When an MFI compliant case (including those sold by Apple) is attached to the iPad and closed, the microphone is disconnected in hardware, preventing microphone audio data being made available to any software—even with root or kernel privileges in iPadOS or in case the firmware is compromised.

Apple Platform Security – Apple サポート

これまでAppleのカレンダーや連絡先、写真、リマインダー、Healthアプリ、カメラやBluetoothのデータを保護していた「Data Vault」がサードパーティ製アプリのデータにも適用され、Sandbox化されていないプロセスからの不正アクセスを防ぐことが可能になっているそうです。

iOS 13.4とiPadOS 13.4の新しいセキュリティ

Starting in iOS 13.4 and iPadOS 13.4, all third party apps automatically have their data protected in a Data Vault. This helps protect against unauthorized access to the data even from processes that are not themselves sandboxed.

Apple Platform Security – Apple サポート

 どちらもiOS/iPadOSデバイスを利用しているユーザーが実際に気づくことはありませんが、不審なアプリからユーザーデータを保護してくれるので、まだiOS/iPadOS 13.4へアップデートされていない方は、時間を見つけてアップデートすることをおすすめします。

コメント

  1. 匿名 より:

    最近のAppleってプライバシー保護を全面に押し出してるね……このまま新機能開発より現OSの安定と安全性の向上に力を注いでくれると良いなあ……