iOS 13.5/iPadOS 13.5へアップデートされたFace ID搭載のiPhoneやiPadではマスク着用時にロック解除などのパスコード入力がスワイプで素早く表示されるように。

スポンサーリンク

 iOS 13.5/iPadOS 13.5へアップデートされたFace ID搭載のiPhoneやiPadでは、マスク着用時にロック解除などのパスコード入力がスワイプで素早く表示されるようになりました。詳細は以下から。

Appleの新しいセキュリティ機能「Face ID」のアイコン

 Appleは現地時間2020年05月20日、iPhoneやiPadデバイス向けに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡アプリ用の接触通知APIを導入したiOS 13.5/iPadOS 13.5をリリースしましたが、同バージョンではFace ID搭載のiPhoneやiPadでユーザーがマスクを装着している場合、ロック解除時に素早くパスコードフィールドを表示するようにFace ID機能がアップデートされています。

iOS 13.5のiPhone X

iOS 13.5のFace IDデバイスのロック解除

Face IDとパスコード

  • Face ID搭載デバイスでのマスク着用時のロック解除操作を簡略化
  • マスク着用時にロック画面の下端から上にスワイプすると、パスコードフィールドが自動的に表示

iOS 13.5のリリースノートより

 具体的には、Face ID搭載のiPhoneやiPadをアクティブにし、上スワイプしてロック解除後に表示されるFace ID認証プロセス(下図:左から3枚目)がマスクを装着している場合にスキップされ、iOS 13.4以下のiPhoneやiPadよりワンステップ早くパスコードを入力できるようになったので、Face ID搭載のiPhoneやiPadをお持ちの方はアップデートしてみてください。

iOS 13.4.x以下のFace IDデバイスのロック解除

 また、この仕様はApp Store、Apple Books、Apple Pay、iTunes StoreやFace IDでのサインインに対応する全てのアプリに適用され、ユーザーがマスクを装着している場合、[顔を認識できません]という警告から[Face IDをやり直す]ではなく、[パスワードを入力]のオプションが表示されるようになっています。

Face IDの顔を認識できません