Astro HQ、iPadをMacのサブディスプレイにできる「Astropad/Luna Display」のWindows版の進行状況を近く公開。

スポンサーリンク

 Astro HQがiPadをMacのサブディスプレイにできる「Luna Display」のWindows版の進行状況を近く公開すると発表しています。詳細は以下から。

Luna Display v4.0

 元AppleのQuickTimeエンジニアのMattさんと、OS XエンジニアのGiovanniさんらが設立したAstro HQは現地時間2020年01月14日、iPad/iPhoneにMacの画面を映し出し、液タブ化するアプリAstropadや、ハードウェアアクセレーション有効にした状態でiPadをMacのセカンドディスプレイにするLuna DisplayのWindows版の進行状況を近く公開すると発表しています。

Astropad for Windows

Big news! We have an Astropad for Windows progress report dropping *very* soon. Want to be in-the-know? Join our mailing list for the latest

Twitterより

 Astro HQチームはAppleがiPadを低遅延なMacのセカンダリーディスプレイにすることができるSidecar機能をmacOS 10.15 Catalina/iPadOS 13に導入して以来、余って使わなくなったMacBookやiMacのディスプレイを他のMacのサブディスプレイにできるMac-to-MacモードをLuna Displayに追加し、

Sidecarの遅延時間テスト

AstropadやLuna Displayのユーザーに対し、Windows版に関するアンケートを実施していましたが、Astro HQチームが公開したSneak Peekを見る限りでは、Astropad/Luna Display for Windowsの公開またはBeta版のリリースが近いようなので、気になる方は以下のリンクからメーリングリストに登録してみてください。