Astro HQ、iPadを液タブ化できるアプリ「Astropad」とiPadをセカンドディスプレイとして利用できる「Luna Display」を組み合わせたデモ動画を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 Astro HQがiPadを液タブ化できるアプリ「Astropad」と、iPadをMacのセカンドディスプレイとして利用できるアダプタ「Luna Display」を組み合わせたデモ動画を公開。ます。詳細は以下から。

Luna Displayアダプタ

 iPadにMacの画面を映し出し液晶タブレット化できるiOS用アプリ「Astropad」シリーズを開発しているAstro HQは現在、クライドファンディングサイトでiPadをMacのセカンドディスプレイとして利用できるアダプタ「Luna Display」の開発資金を募っていますが、この「Luna Display」と「Astropad」を併用する際のセットアップ動画が新たに公開されています。

Using Astropad with Luna Display

When you use Astropad and Luna together, they turn your iPad into a second display that also works as a graphics tablet. Getting started is easy — all you need is the Luna Display key and the Astropad apps.

Vimeoより

 Astropad + Luna Displayのセットアップは以下の3ステップだけで、AstropadとLuna Displayの組み合わせでは、iPadのディスプレイ全体をRetina解像度で使用することが出来、キャリブレーションも利用できるそうになるそうなので、興味のある方は公式サイトなどをチェックしてみて下さい。

  1. MacとiPadを同じWi-Fiネットワークに接続する、またはMacとiPadをUSB接続する。
  2. AstropadアプリをMacとiPadで起動する。
  3. Luna Displayキー(アダプタ)をMacに接続するとAstropadは自動的にiPadをセカンドディスプレイとして認識します。

コメント

  1. 匿名 より:

    逆にLuna単体ではこういうペンを使った操作はできないのか?と思ったよ。