iPadをMacのサブディスプレイにできる「Luna Display」がmacOS 11 Big Surに対応し、カーネル拡張kextを使わずにRetinaモードを利用可能に。

スポンサーリンク

 低レイテンシでiPadをMacのサブディスプレイにできる「Luna Display」がmacOS 11 Big Surに対応しています。詳細は以下から。

Luna Display v4.0

 Astro HQは現地時間2020年10月22日、同社が開発&販売しているiPadや利用していないMacを他のMacのセカンドディスプレイとして使用できるようにするドングル&アプリ「Luna Display」をバージョン4.3へアップデートし、Appleが今年の秋にもリリースを予定しているmacOS 11 Big Surに対応したと発表しています。

Luna Display ready macOS 11 Big Sur

NEW IN VERSION 4.3:

  • We are ready for macOS 11 Big Sur
  • Retina mode is enabled without using a kernel extension now
  • Improved reliability

リリースノートより

 Luna Display v4.3ではmacOS 11 Big Surの対応に伴い、AppleがmacOS 10.15.4 Catalina以降で段階的に廃止を決めているカーネル拡張(kext)が使用されずにDriverKitを用いてiPadをRetinaモードにすることが可能になっています。

Luna Displayのレイテンシとスループット

DriverKitを用いることで、システムを巻き込んだカーネルパニックの原因にもなり得なくなっています。

 macOSではないため今回のアップデートは関係ありませんが、Luna Displayは来年にもWindows版をリリースする予定で、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで出資者を募っているので、興味のある方は出資してみてください。

Lina Display for Windows on Kickstarter