Apple、今後ベクターシンボル「SF Symbols」アプリをシステムアップデートで提供。

スポンサーリンク

 Appleは今後ベクターシンボル「SF Symbols」アプリをソフトウェアアップデートで提供するそうです。詳細は以下から。

macOS 10.14 Mojaveのソフトウェアアップデート

 AppleはWWDC 2019でSan Franciscoフォントにマッチするベクターベースのシンボル「SF Symbols」のBeta版と新しいSerifフォント「New York」公開し、SF Symbolsは先日v1.1が正式にリリースされましたが、AppleのDesign Evangelism ManagerであるMike Sternさんらによると、Appleは今後ソフトウェア・アップデートでSF Symbolsのアップデートを提供するそうです。

This update adds custom symbol validation and a new sidebar with categories for faster browsing.

SFSymbolsAutoより

 AppleはmacOS 10.14 Mojaveでソフトウェア・アップデート機能をシステム環境設定アプリに統合し、ソフトウェア・アップデートを通してセキュリティとフォントや言語ファイルなどのシステムデータ・ファイルを提供すると発表していましたが、SF Symbolsにはこれが利用され、既にAppleのソフトウェア・アップデートSF Symbols v1.1が登録されているので、開発者の方は今後最新のSF Symbolsのチェックが楽になりそうです。

SF Symbols through software update

SF Symbols Update

  • 2019年06月03日
    SF Symbols v1.0 Beta 1

  • 2019年08月21日
    SF Symbols v1.0 Beta 2

  • 2019年09月11日
    ▶SF Symbols v1.0 (1A84)

  • 2019年10月29日
    SF Symbols v1.1アプリをリリース

  • 2019年11月21日
    SF Symbols v1.1を正式にリリース

  • 2019年11月22日
    ▶今後SF Symbolsはソフトウェア・アップデートで提供

  • 2020年06月24日
    ▶マルチカラーをサポートしたSF Symbols v2.0 Betaをリリース。

  • 2020年11月20日
    ▶IntelとApple Silicon MacのUniversal Binaryに対応したSF Symbols v2.1をリリース。

  • 2021年06月09日
    ▶600以上の新しいシンボルを追加した「SF Symbols v3.0」のBeta版をリリース。

  • 2021年09月29日
    ▶600以上の新しいシンボルを追加したSF Symbols v3.0をリリース。

  • 2021年11月12日
    ▶iOS 15.1でサポートされる11の新しいシンボルを追加したSF Symbols v3.1がリリース。

  • 2022年04月22日
    ▶AirPods (第3世代)やBeats Fit ProのシンボルなどiOS 15.2/macOS 12.1でサポートした15のシンボルを追加した SF Symbols v3.2がリリース。

  • 2022年04月22日
    ▶iOS 15.4/macOS 12.3でサポートされた7つの新しいシンボルを追加した「SF Symbols v3.3」がリリース。

  • 2022年06月07日
    ▶iOS 16/macOS 13 Venturaで利用可能な、700以上の新しいシンボルを追加し合計4,000以上となった「SF Symbols v4.0」のBeta版がリリース。
  • News – Apple Developer
  • Design – Apple Developer