macOS Catalina 10.15.4アップデート以降、HDR対応ディスプレイやTVの輝度やコントラストが予期せず変更される不具合。

スポンサーリンク

 macOS Catalina 10.15.4以降のアップデートで、HDR対応ディスプレイやTVの輝度やコントラストが予期せず変更される不具合があるとしてサポートページが公開されました。詳細は以下から。

HDR

 Appleは現地時間2020年05月26日に新しいバッテリー状態管理機能を搭載したmacOS Catalina 10.15.5をリリースしましたが、その1つ前、03月24日にリリースしたmacOS Catalina 10.15.4アップデート以降、Macに接続されたディスプレイやTV、プロジェクターの明るさや色合いが鮮明になってしまう不具合があるとしてAppleがサポートページを公開しています。

Macに接続されたディスプレイで明るさや色合いが変更される不具合

After installing macOS Catalina, you might notice unexpected changes in brightness, color, or contrast on your external HDR display, TV, or projector.

If an HDR display is too bright or vivid on Mac – Apple Support

 以前にもお伝えしたとおり、この問題はmacOS Catalina 10.15.4でHDR10対応ディスプレイやテレビへのハイダイナミックレンジ出力がサポートされたことが原因で、一部のMacとディスプレイの組み合わせでは、このオプションがデフォルトでONとなってしまい、ディスプレイの明るさやカラー、コントラストが変更され、ディスプレイが白っぽくなってしまうというもので、

macOS 10.15.4 CatalinaのHDR設定

Appleはこの様な問題が発生した場合、以下の方法でHDR設定をOFFにしておくことを求めています。

  1. macOS Catalina 10.15.4以降で、Appleメニューから[システム環境設定]を選択。
  2. ディスプレイをクリック。
  3. 問題が発生しているディスプリエの設定ウィンドウで、[✅ハイダイナミックレンジ]のチェックボックスをOFFにする。