Adobe、32-bitアプリが使えなくなる「macOS 10.15 Catalina」でサポートできるPhotoshopとLightroomのバージョンや機能についてAppleと協力し情報を公開。

スポンサーリンク

 Adobeが32-bitアプリのサポートが終了するmacOS 10.15 CatalinaでサポートできるPhotoshopとLightroomのバージョンについてAppleと共に対応しているそうです。詳細は以下から。

Adobe Photoshopのロゴ

 AdobeのプロダクトマネージャーJeffrey TranberryさんとTom Hogartyさんは現地時間2019年07月18日、Adobe BlogにてAppleが2019年秋にリリースを予定しているmacOS 10.15 Catalinaで32-bitアプリのサポートを終了するのに伴い、それ以降正式にサポートできるPhotoshopやLightroom、Lightroom Classicのバージョン及び機能についてAppleと協議し現状での情報をユーザーに提供しています。

At their World Wide Developer Conference (WWDC), Apple announced their decision to end support of 32-bit apps starting with the release of macOS 10.15 Catalina.

What does this mean for Creative Cloud customers?
We are presently working with Apple to officially support the current versions of Photoshop, Lightroom and Lightroom Classic on macOS 10.15 when it is released later this year.

Upcoming changes to Photoshop & Lightroom OS support with macOS 10.15 (Catalina) – Adobe Blog

スポンサーリンク

macOS CatalinaとPS/LR

 Jeffreyさんによると、Adobe MAX October 2018に発表したPhotoshop (20.x)やLightroom (2.x)、Lightroom Classic (8.x)は64-bitアプリ&64-bitライセンスコンポーネントとインストーラーを持っているため、macOS 10.15 Catalina (beta)でもインストール&アクティベートが可能となっているそうですが、

Upcoming changes to Photoshop & Lightroom OS support with macOS 10.15 (Catalina)

Current versions of Photoshop (20.x), Lightroom (2.x) & Lightroom Classic (8.x) released at MAX October 2018 are 64-bit applications with 64-bit licensing and installer components which can be installed and activated on macOS 10.15 beta for your own testing purposes. NOTE: Running on beta OSes is not officially supported.

Upcoming changes to Photoshop & Lightroom OS support with macOS 10.15 (Catalina) – Adobe Blog

それより前に公開されたレガシィバージョンや永続ライセンスはmacOS 10.15 Catalina向けに設計されておらずテストもされないため、Catalinaで非サポートとなり、加えて、それらのアプリは32-bitライセンスコンポーネントとインストーラーが使用されているため、macOS 10.15アップグレード後にインストール&アクティベートすることができないそうです。

macOS 10.15 Catalina以降、Adobeのレガシィソフトウェアはどうなるのか?

What does this mean for legacy/perpetual versions of Adobe software?
Older perpetual versions of our software were not designed, nor tested, to work on macOS 10.15 and are not supported in any way for use on macOS 10.15.

Upcoming changes to Photoshop & Lightroom OS support with macOS 10.15 (Catalina) – Adobe Blog

継続利用とアンインストール

 また、Adobeはレガシィバージョンや永続ライセンス版のPSやLRをmacOS 10.14 Mojave以前のmacOSでインストールした状態から、macOS 10.15 Catalinaへアップグレードすることで、ある程度の機能は利用できると予想していますが、

Adobe Cleaner Tool

アップグレード後にはアプリの再インストールやアクティベートができず、アプリのアンインストーラーも利用できなくなることから、macOS 10.15アップグレード前にはAdobe Cleaner Toolを利用して古いAdobeのソフトウェアを削除するように勧めています。

Conclusion

 JeffreyさんのPhotoshop Development TeamはmacOS 10.15 Catalinaリリース前にこの情報を提供することで、ユーザーに独自のテストを行うことを進めており、macOS 10.15正式リリース後に既知の問題情報を公開するそうなので、ユーザーの方はそれらの情報をチェックしてからアップグレードすることをお勧めします。

Our team hopes that by providing this information early that it will allow you to make plans now so you can take advantage of Photoshop & Lightroom on macOS 10.15 Catalina when it’s officially released later this year.[…] We also strongly recommend that customers do their own testing on a non-production partition to ensure that new operating systems work with their current hardware and drivers (printing, etc).

Upcoming changes to Photoshop & Lightroom OS support with macOS 10.15 (Catalina) – Adobe Blog

macOS 10.15 CatalinaをサポートしたPSやLRでも32-bit Dropletsや32-bitメディアの再生、Len Profile Creator、ExtendScript Toolkitなど一部の機能が32-bitで、それらについては今後アップデートが提供されるそうです。

おまけ

 まだ正式には発表されていませんが、AppleはmacOS 10.15 Catalinaで32-bitアプリが動かなくなることを踏まえて、現在AdobeやMicrosoft、Amazon、その他大手ゲームベンダーやコーデックの開発元と協力し、macOS 10.15以降で動かなくなるアプリを通知するCompatibility Notificationをテスト配布しており、

CompatibilityNotificationData

AppleとAdobeはQuickTime for Windowsの開発が終了した際も
AppleからProResのライセンスを受けて既存のユーザーへの対応を行っているので、macOS 10.15 Catalinaリリースまでに追加の情報が公開されると思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    そこまでして32-bit切りする必要あるのかな?
    iOSならともかく

  2. 匿名 より:

    そして、ユーザーがアップルを切る…
    それで決着!