macOS 10.14.6 Mojaveでは文字ビューアの文字様記号から「令和」の合字が入力可能に。

スポンサーリンク

 macOS 10.14.6 Mojaveでは文字ビューアの文字様記号から「令和」の合字が入力可能になっています。詳細は以下から。

SourceHanSans Reowa U+32FF

 Appleは現地時間2019年05月13日に公開したmacOS Mojave 10.14.5 Build 18F132およびiOS 12.3 Build 16F156Apple Symbolsフォントをアップデートし、新元号「令和」の合字(㋿:U+32FF)を追加しましたが、07月22日に公開されたmacOS Mojave 10.14.6 Build 18G84では文字ビューアの「文字様記号」に令和の合字が追加されています。

文字ビューアの令和

 macOS 10.14.5 Mojaveまで令和の合字を文字ビューアで出すにはUnicodeリストを表示し、㍻(U+337B)や㍼(U+337C),㍽(U+337D),㍾(U+337E)がある「CJK互換用文字」ではなく、「囲みCJK文字・月」を見る必要がありましたが、(㍿が既に割り当てられていたため)

U+32FF

macOS 10.14.6 Mojaveでは、文字ビューアの文字様記号リストの㍿と㍻の間に令和の合字が追加されているので、元号の入力をよく行う方は方はチェックしてみてください。

令和の合字

macOSの㋿にはまだSequence name(SQUARE ERA NAME REIWA)が登録されていないようです。