Apple、開発者向けに「macOS 10.14 Mojave beta 3 Build 18A326g」などを公開。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けに「macOS 10.14 Mojave beta 3 Build 18A326g」などを公開しています。詳細は以下から。

macOS Mojaveのアイコン

 Appleは現地時間2018年07月03日、WWDC 2018で発表したMac用OS「macOS 10.14 Mojave」の3rd Betaとなる「macOS 10.14 Mojave beta 3 Build 18A326g」などを開発者向けに公開したと発表しています。

macOS Mojave 10.14 beta 3 (18A326g) July 3, 2018

macOS Mojave 10.14 beta 3 (18A326g)
July 3, 2018

Releases – Apple Developer

スポンサーリンク

リリーススケジュール

 macOS 10.14 Mojave betaのこれまでのリリース日は以下の通りで、AppleはmacOS 10.14 Mojaveを2018年秋にリリースすると発表しているので、例年通りならば2018年09~10月にリリースされると思われます。

アップデート

 Mojaveではソフトウェア・アップデートがMac App Storeではなく、Mac OS 10.7 Lion以来となるシステム環境設定アプリのソフトウェア・アップデートを通して行われることが発表されており、リリースノートによるとbeta 2では一部のMacBookで外部ディスプレイが映らなくなる問題や、eGPUを外すと予期せぬログアウトが発生するなど既知の不具合が多数報告されているので、インストールされる方は注意してください。

macOS 10.14 Mojaveのシステムアップデート

今回のベータ版アップデートは”システム環境設定”のソフトウェア・アップデートを通じて配信されます。

リリースノートより

 また、Appleは同時にiOS 12 beta 3 (16A5318d), Xcode 10 beta 3 (10L201y), watchOS 5 beta 3 (16R5313d), tvOS 12 beta 3 (16J5313d)も開発者向けに公開しています。

コメント

  1. 匿名 より:

    macOS 10.14 Mojave beta 3にアップデートしたら、それまでは時間と共に変化していた背景が変化しなくなった!時間帯をアメリカやヨーロッパにしても変化なし!おそらくバグでしょうが、売りものに傷です!

  2. 匿名 より:

    まだ売りものではない。

    バグレポートはここではなく Apple に送ってあげてくださいね。

  3. 匿名 より:

    macOS 10.14 Mojave beta 3 Build 18A326g

    をインストールしている環境に 10.14 Public Beta2 がアップデート対象として落ちてくる。模様。
    うっかりインストールすると、18A314h / Beta 2 に戻ってしまいます。気をつけて。