ソースコードにシンタックスハイライトを付けて画像化しSNSやプレゼンテーションで使いやすくしてくれるアプリ「Carbonize for Mac」がエクスポート機能や保存時のオプションを追加。

スポンサーリンク

 ソースコードにシンタックスハイライトを付けて画像化しSNSやプレゼンテーションで使いやすくしてくれるアプリ「Carbonize for Mac」がエクスポート機能や保存時のオプションを追加しています。詳細は以下から。

Carbonize

 米ニューヨークのソフトウェア会社Dawn Labsがオープンソースで公開しているCarbonはTwitterやプレゼンテーションにソースコードを貼り付ける際に、ソースコードの見栄えがよくなるようシンタックスハイライトなどをつけ装飾し画像化してくれる機能がありますが、Boy van Amstelさんが公開したCarbonのmacOSラッパーCarbonizeがアップデートし、エクスポート機能などを追加しています。

Carbonize

Carbonize v1.2

  • A standard Toolbar with a new Export Menu.
  • Option to export images using a regular Save Panel. 💾
  • A Sharing Service Picker to easily copy your images into apps you use often.
  • Export keyboard shortcut: ⌘ + E
  • The option to clear image cache. (The Floating Window caches the exported image on disk.)
  • Optional automatic image cache clearing on quit. (Enabled by default.)
  • This Release Notes window. 😄

リリースノートより

スポンサーリンク

Export

 Carbonize v1.2では新たに[Export]メニューがメインウィンドウに追加されたほか、ショートカットキーCommnad + Eでも作成したソースコードを書き出すことが可能になりました。

Carbonize v1.2 Export Menus

Save Panel

 また、[Preferences]パネルに新たに追加された[Save]パネルでは、書き出した画像を保存する方法が選択可能で、デフォルトではmacOS Mojaveのスクリーンショットと同じフローティングパネル方式ですが、新たに作成した画像の保存先を毎回指定することができる[Save Panel]方式も選択可能になりました。

Carbonize v1.2のSaveパネル

Share Service

 AppleはOS X 10.10 Yosemite以降にアプリ間でファイルを送ることができる共有メニューを追加しましたが、Carbonize v1.2でもこの共有メニュー(Sharing Service Picker)がサポートされ、メールやEvernote、Twitter(*)などへソースコード画像を投稿することが可能になっています。

Carbonizeの共有メニュー

AppleはmacOS 10.14 MojaveでTwitterやFacebookなどサードパーティ製サービスへの接続を廃止してしまったため、他のサービスへの投稿はTwitterrificなどのアプリを利用する必要があります。