macOS 10.14 MojaveではシステムでTwitterやFacebook、Linkedinなどのアカウントと連携する機能が廃止。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveではmacOSのシステムレベルでTwitterやFacebook、Linkedinなどのアカウントとの連携する機能が廃止されました。詳細は以下から。


 Appleは日本時間2018年09月25日にダークモードスタック機能を備えたmacOS 10.14 Mojaveをリリースしましたが、同macOSではシステム環境設定のインターネットアカウントからTwitterやFacebook、Linkedin、Vimeo、Flickrといったサードパーティサービスとの連携機能が廃止されています。

macOS 10.13 High SierraとmacOS 10.14 Mojaveのインターネットアカウント

 これにより、システムの共有メニューからTwitterやFacebookなどに投稿できなくなったほか、システムの共有機能APIを利用していたAdobeなどの一部アプリで不具合が発生しているそうなので、ユーザーの方は注意して下さい。

スポンサーリンク

追記

 Twitterrific for Macが10月25日に公開したバージョン5.3.7でmacOS 10.14 Mojaveでシステムから消されたTwitterの共有機能をサポートしています。

Twitter Sharing Extension by Twitterrific

コメント

  1. 匿名 より:

    これ、最初から入れるよりは
    プラグインとかにした方が良いと思うが。

  2. 匿名 より:

    むしろあっても使い道が不明なくらいだった・・・

  3. 匿名 より:

    1年越しだけど、iOS11と揃えた感じなのね

  4. 匿名 より:

    プラグインでできるやり方はあるのだろうか。私は無くなって不便していますので。