Apple、iMac (Retina 5K, 27インチ, 2019)を発売。Intelの第9世代Core i9 8コアやRadeon Pro Vega 48が選択可能に。

スポンサーリンク

 AppleがiMac (Retina 5K, 27インチ, 2019)の発売を開始しています。詳細は以下から。

iMac 2019 27-inch

 Appleは現地時間2019年03月19日、2017年06月のWWDC 2017で発表したIntelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」やThunderbolt 3搭載の「iMac (Retina 5K, 27インチ, 2017)」以来となる新しい27インチiMac「iMac (Retina 5K, 27インチ, 2019)」を新たに発売すると発表しています。

iMac Retina 5K 27inch 2019

最大8コアを備えるIntelの第9世代プロセッサ
ラインアップ全体でプロセッサをアップデートし、写真編集、負荷の高いゲーム、音楽制作、さらには長編映画の制作まで、iMacで行う日常的な幅広い計算タスクで劇的なパフォーマンスの向上を実感できます。
27インチiMacでは初めて第9世代の6コアおよび8コアプロセッサまで搭載可能になり、従来比のパフォーマンスは最大2.4倍にも達します。

iMacのパフォーマンスが2倍に増大 – Apple (日本)

 新しいiMac (Retina 5K, 27インチ, 2019)と旧モデルの比較は以下の通りで、価格は据え置きでCPUとGPU、メモリがアップデートされており、ユーザーが交換する事ができないストレージは旧モデルと同じですが、SSDへのアップグレード価格が1万円近く下がっています。

iMac (Retina 5K, 27インチ, 2019)のSSD

クリックで拡大

 また、既にiMac以外の全てのMacで採用されているAppleのSoC「Apple T」シリーズは今回のアップデートでは導入されなかったため(MacRumorsが確認済)、Apple T2の持つHEVC(H.265)ハードウェアエンコーディング独立スピーカー機能などは利用できませんが、その分T2が関連していると思われる不具合も発生しないと思われるので、iMacを購入する予算を組んでいた方は同じ価格でアップグレードされたiMacが購入できるようになっています。

スポンサーリンク

iMac (Retina 5K, 27インチ)の比較

iMac (Retina 5K, 27インチ, 2019) iMac (Retina 5K, 27インチ, 2017)
外見 iMac 2019 27-inch iMac 2017 27-inch
価格 下位:198,800円(税別)/中位:220,800円(税別)/上位:253,800円(税別)
ベース構成 iMac 27インチ 2019/2017のベース構成価格
ディスプレイ
  • 27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ
  • 5,120 x 2,880ピクセル解像度、十億色対応
  • 500ニトの輝度
  • 広色域(P3)
プロセッサ
  1. Core i5 6-Core 3.0GHz/TB 4.1GHz
  2. Core i5 6-Core 3.1GHz/TB 4.3GHz
  3. Core i5 6-Core 3.7GHz/TB 4.6GHz
中/上位モデルのみ税別+44,000円で
Core i9 8-Core 3.6GHz/TB 5.0GHzに変更可能
  1. Core i5 4-Core 3.4GHz/TB 3.8GHz
  2. Core i5 4-Core 3.5GHz/TB 4.1GHz
  3. Core i5 4-Core 3.8GHz/TB 4.2GHz
中/上位モデルのみ税別+22,000円
Core i7 4-Core 4.2GHz/TB 4.5GHzに変更可能
メモリ
  • 8GB(4GB x 2)2,666MHz DDR4メモリ
    • 16GB + ¥22,000 (税別)
    • 32GB + ¥66,000 (税別)
    • 64GB + ¥110,000 (税別)
SO-DIMMスロットx4にはユーザーがアクセス可能
  • 8GB(4GB x 2)2,400MHz DDR4メモリ
    • 16GB + ¥22,000 (税別)
    • 32GB + ¥66,000 (税別)
    • 64GB + ¥154,000 (税別)
SO-DIMMスロットx4にはユーザーがアクセス可能
ストレージ
  1. 1TB Fusion Drive : 2TB Fusion Drive、256GB/512GB/1TB SSD
  2. 1TB Fusion Drive : 2TB/3TB Fusion Drive、256GB/512GB/1TB SSD
  3. 2TB Fusion Drive : 3TB Fusion Drive、512GB/1TB/2TB SSD
2TB SSDは上位モデルのみのオプション。
グラフィックス
  1. Radeon Pro 570X(4GB GDDR5メモリ搭載)
  2. Radeon Pro 575X(4GB GDDR5メモリ搭載)
  3. Radeon Pro 580X(8GB GDDR5メモリ搭載)
上位モデルのみ税別+49,500円で
Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ)に変更可能
  1. Radeon Pro 570(4GB VRAM搭載)
  2. Radeon Pro 575(4GB VRAM搭載)
  3. Radeon Pro 580(8GB VRAM搭載)
カメラ FaceTime HDカメラ
外部ディスプレイ 本体ディスプレイで標準解像度(十億色対応)と以下を同時サポート:

  • 1台の外部ディスプレイで5,120 x 2,880ピクセル解像度(5K)、60Hz、十億色対応、または
  • 2台の外部ディスプレイで3,840 x 2,160ピクセル解像度(4K UHD)、60Hz、十億色対応、または
  • 2台の外部ディスプレイで4,096 x 2,304ピクセル解像度(4K)、60Hz、数百万色以上対応

Thunderbolt 3デジタルビデオ出力

  • USB-C経由でDisplayPort出力に標準対応
  • アダプタ(別売り)を使用したThunderbolt 2、HDMI、DVI、VGA出力に対応
オーディオ
  • ステレオスピーカー
  • マイクロフォン
  • 3.5mmヘッドフォンジャック
I/Oポート
  • 3.5mmヘッドフォンジャック
  • SDXCカードスロット
  • USB 3ポート x 4(USB 2にも対応)
  • 2つのThunderbolt(最大40Gbps)
    • DisplayPort
    • Thunderbolt(最大40Gb/s)
    • USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
    • アダプタ(別売り)を使用したThunderbolt 2、HDMI、DVI、VGAに対応
  • 10/100/1000BASE-TギガビットEthernet(RJ-45コネクタ)
  • Kensington社ケーブルロック用セキュリティスロット
入力デバイス
  • Magic Keyboard
  • Magic Keyboard(テンキー付き) + 3,000円
  • Magic Mouse 2
  • Magic Trackpad 2 + 5,000円
  • Magic Mouse 2とTrackpad 2 + 12,800円
ワイヤレス
  • Wi-Fi
    • 802.11ac Wi-Fiワイヤレスネットワーク接続
    • IEEE 802.11a/b/g/nに対応
  • Bluetooth
    • Bluetooth 4.2ワイヤレステクノロジー

iMac 21.5インチ

 また、Appleは同時にIntelの第8世代CoreプロセッサやRadeon Pro Vega 20が選択可能になったiMac (Retina 4K, 21.5インチ, 2019)の販売も開始しています。

コメント

  1. 匿名 より:

    毎年アップデートするわけじゃないんだから、
    登場するときは、T2とか10Gb Ethernetといった最新の技術も採用してほしかった。

  2. 匿名 より:

    SSDがNVMeかSATAかが気になる。
    T2ってユーザーにメリットあったっけ?

  3. 匿名 より:

    T2は、デメリットしかないので、
    載っていないほうが、変なトラブルに合わなくて良いね。

  4. 匿名 より:

    来年あたりシレッとカスタム内容に10Gbのオプションが入ってくる気はする。
    俺は10Gbが当分非対応のど田舎住みだから対応したら必要に応じて買い換えればいいけど、都会の人にとってはMac miniであってiMacに無いのは確かに不満だろうなぁ。

  5. 匿名 より:

    >Mac mini (2018)はApple T2チップによりH.265/HEVCエンコードやXcodeのBuildタイムがiMac Pro並に高速化。

    というメリットがあるみたい。

    それよりも、
    T2チップを積んでいないという理由で、OSのアップデートができなくなるとか考えられない?
    もしそうなれば、去年出たMacminiより先に切り捨てられるかも。

    • 匿名 より:

      その前にCPUがAチップになって切捨てられるね。
      わからない将来より、今、トラブルが起きない事が大事