BareFeats、iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)のGPUベンチマークスコアを公開。FCPXベンチではFirePro D300を搭載したMacPro Late 2013を上回るスコアに。

スポンサーリンク

 BareFeatsがiMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)と前モデルのGPUベンチマークスコアを公開しています。詳細は以下から。


iMac-Retina-5K-Hero


 BareFeatsが先日公開したストレージベンチマークテストの結果に続き、GPUベンチマークのスコアを公開しています。

The ‘late 2015’ 27″ iMac 5K has upped its game with an AMD R9 M395X. How much faster is it compared to the previous model’s R9 M295X or the ‘late 2013’ Mac Pro’s FirePro D300s?

[‘late 2015’ iMac 5K – graphics performance – BareFeats]

ベンチマーク

 BareFeatsがベンチマークに使用したiMacは全てカスタムモデルで、iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)は「AMD Radeon R9 M395X with 4GB VRAM」、Late 2014は「AMD Radeon R9 M295X with 4GB VRAM」、また比較のためMac Pro (Late 2013) 「Dual AMD FirePro D300 with 2 GB」GPUのスコアも掲載しています。

  • iMac 5K ’15 = ‘late 2015’ iMac Retina 5K 4.0GHz Quad-Core i7; Radeon R9 M395X GPU; 16G RAM; 1TB flash storage
  • iMac 5K ’14 = ‘late 2014’ iMac Retina 5K 4.0GHz Quad-Core i7; Radeon R9 M295X GPU; 16G RAM; 1TB flash storage
  • nMP 4c = ‘late 2013’ Mac Pro 3.7GHz Quad-Core Xeon; 16G RAM; dual FirePro D300 GPUs; 512G flash storage

 結果はDiablo ⅢやLeft 4 Dead 2、Tomb RaiderなどのゲームのFPS数については全てiMac Retina 5K Late 2015 が最速となっており、さらにFCPXのGaussian Blur, BruceXエフェクトの処理速度についても僅差ですがiMac Retina 5K Late 2015のR9 M395X が R9 M295X, Dual AMD FirePro D300を上回った形になっています。


iMac-Retina-5K-Radeon-R9-M395X-vs-M295X-vs-D300-FCPX

 ただ、マルチGPUに対応したBlackmagicのカラーグレーディングアプリDaVinci ReductionのFPS数についてはMac Pro (Late 2013)のDual FirePro D300が1.5倍ほど速いスコアを出しているため、BareFeatsではマルチGPUに対応したプロ向けアプリでは2基のFirePro D300が効果を発揮しているようだとまとめています。


iMac-Retina-5K-Radeon-R9-M395X-vs-M295X-vs-D300-DaVinci

The ‘late 2015’ iMac 5K’s AMD R9 M395X is faster than the previous iMac 5K’s M295X, but only incrementally.
And for a reality check, you can see that the ‘late 2013’ Quad-Core Mac Pro’s dual FirePro D300s combine to beat both mobile GPUs when running a pro app like DaVinci Resolve that fully utilizes both D300s to render blur and noise reduction on the fly.

[‘late 2015’ iMac 5K – graphics performance – BareFeats]

 BareFeatsではこの他にもPhotoshop CCベンチマークやdB Meter ProというiPhoneアプリを利用したノイズ音の測定もしているので、興味がある方は関連リンクからBareFeatsへどうぞ。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    それでもあくまでモバイル向けってところなんだよなあ。3Dゲームはキビシイ…

  2. Apple7743 より:

    モバイル用と張り合うMacProがどうかしている、と考えるべきでは?
    もう、G4Cubeよりも存在感も需要も無い気がする。

  3. Apple7743 より:

    D300と比べるからそうなる
    D700で比較すればMacPro完全勝利

  4. Apple7743 より:

    cpu、SSD、ディスプレイと合わせ、非常に堅調な進化だなあ。

  5. Apple7743 より:

    D300は所詮GCN1.0世代のクロックダウンチップを2つ積んでるだけだからなあ
    GCN1.2世代のR9 M395Xにゲームベンチで負けるのはしょうがないでしょう
    M295X(M395Xよりもカタログスペックは高い筈)があまり良くない結果な方が謎
    MacProは全部ワークステーション向けパーツを使っているとはいえ、
    最下位モデルはCPUもGPUも世代は古ければクロックも低い
    OpenGLを使う・カラーマネジメントディスプレイを使うなど仕事向け
    以外で選ぶ理由はほぼない(この能力で何をするのかは別として)

  6. Apple7743 より:

    ※5
    290→390でコアは変わってないけどドライバや設計の最適化で性能向上したらしいからM395でも同じように最適化されたんじゃないかな