iFixit、5K iMac with Retina displayを分解レポートを公開。5K 27インチIPS液晶パネルはLG製。

スポンサーリンク

 iFixitが5K iMac with Retina displayの分解レポートを公開しています。詳細は以下から。


GrgDucWOP1QGxb1P


5K ディスプレイ

 iFixitがiMac with Retina displayを分解したところによると、構造自体は今までのiMacと同様で注目される27インチIPS液晶の5KパネルはLG製(LM270QQ1)だったそうで、この液晶に関しては更に詳しく調べるようです。


LM270QQ1

The first order of business is finding out whether this 5K display runs on actual magic, or something more susceptible to dissection.
This particular display was manufactured by LG Display. (So, magic is looking less likely.)

 変更可能なパーツ(Module)としてiMac with Retina displayにはSSDとWiFi/Bluetooth カードがありますが、これについてはMacBook Pro with Retina Displayと去年のiMacからの流用のようです。

SSD

 SSDはMacBook Pro 13インチ with Retina Displayと同様のSanDiskモジュールを搭載したSSDでコントローラーは「Marvell 88SS91383」。


iMac-with-Retina-display-SSD
注:SSDに関してはApple複数のサプライヤーのSSDを使っているので変更される場合がります。

AirPort/Bluetooth カード

 AirPort/Bluetooth カードは去年のiMac 27インチと同様。WiFiは802.11ac 3ストリームに対応した「Broadcom BCM4360KML1G」と「Skyworks SE5516」、Bluetoothは4.0(Bluetooth Low Energy)に対応した「Broadcom BCM20702」。


iMac-with-Retina-display-WiFi-module

修理スコア

 また、iFixitは毎回分解したデバイスに”Repairability Score(修理/分解スコア)”を割り当てていますが、iMac with Retina displayのスコアは10段階中5で、「液晶の取り外しは今までのiMacと同様プラスチックカードなどを使用して行い、戻す場合は両面テープ”adhesive tape”を使用する必要がある」としています。


iMac-with-Retina-display-repairability-Score

While the procedure still requires a steady hand and a willingness to replace the custom-cut, two-sided adhesive tape when you’re done, it’s otherwise pretty straightforward, and unchanged from previous models.

関連リンク:
iMac Intel 27″ Retina 5K Display Teardownt – iFixi


コメント

  1. Apple7743 より:

    LGか、Dellの5Kパネルもそうだろうし同じ価格でMacが付いてくるならお得感

  2. Apple7743 より:

    “Oxide TFT”=アモルファスIGZO、なのかどうかも分かるといいんだが…

  3. Apple7743 より:

    2箇所カスタマイズするだけですぐ30万になるからすごい買いづらい。
    ディスプレイなしのゴミ箱が買える金額だし。
    ただ、ゴミ箱に4kディスプレイつけるとApple公式では
    更に+36万だからiMacのがお買い得には違いないんだろうけど。

  4. Apple7743 より:

    4KThunderboltディスプレイも出して欲しかった

  5. Apple7743 より:

    rMBPが出たとき焼き付きをよく起こしたLG製か…

  6. Apple7743 より:

    ターゲットディスプレイモード非搭載なのが残念すぎる…