Microsoft、最新の「OneDrive for iOS」アップデートでアプリ内に雪を降らせるイースターエッグを追加。

スポンサーリンク

 Microsoftが最新の「OneDrive for iOS」アップデートでアプリ内に雪を降らせるイースターエッグを追加しているそうです。詳細は以下から。

OneDrive for iOSのアイコン

 Microsoftのオンラインストレージサービス「OneDrive」を開発しているOneDrive Teamは現地時間2018年12月19日、iOS版OneDriveの最新のアップデートにOneDrive内に雪を降らせるイースターエッグ(gem)を追加したと発表しています。

OneDrive for iOS Snow

The users waited for the update to load, to see what triggers this festive snow.

Microsoft OneDriveのリリースノートより

 この内容は日本語のリリースノートには記載されていませんが、OneDrive for iOSを最新のバージョン(v10.45.11)へアップデートすればリージョンは関係なく見ることができ、Apple Storeアプリのイースターエッグと違いOneDrive for iOS内のどこかを数秒間ホールドしておくだけで雪❄️を降らせることができるので、ユーザーの方は見つけてみてください。

メニューをホールド

コメント

  1. 匿名 より:

    コレといいティラノサウルスといい、昔のMSからは信じられないな
    逆にAppleが昔のMSみたいになってきてる