LibavからFFmpegライブラリへの切り替えやmacOSのダークモード、H/Wアクセレーション・エンコードを初期サポートしたトランスコーダ「HandBrake v1.2 Nightly」が公開。

スポンサーリンク

 LibavからFFmpegライブラリへの切り替えやmacOSのダークモード、H/Wアクセレーション・エンコードを初期サポートしたトランスコーダ「HandBrake v1.2 Nightly」が公開されています。詳細は以下から。

クロスプラットフォーム対応のエンコーダーアプリ「HandBrake」のアイコン

 フランスのThe HandBrake Teamは現地時間2018年12月18日、2003年から開発を行っているオープンソース&クロスプラットフォームに対応したトランスコーダアプリ「HandBrake」の次期アップデート候補となる「HandBrake v1.2 Nightly Build」を公開したと発表しています。

HandBrake v1.2 for Mac

HandBrake 1.2.0

  • Switched core decoding library from Libav to FFmpeg
  • HandBrake now requires OS X 10.10 Yosemite or later
  • Added initial support for VideoToolbox (hardware-accelerated) encoding
  • Added support for Dark Mode in macOS 10.14 Mojave (new Dark Mode toolbar icons require building with Xcode 10 on Mojave)

リリースノートより一部抜粋

スポンサーリンク

HandBrake v1.2

 HandBrakeは2016年12月24日に13年かけてv1.0.0に到達し、その際にはVP9 videoエンコーディングやSkylake以降のIntel CPUでIntel QuickSync Video H.265/HEVCエンコーダーがサポートされましたが、v1.2.0での大きな変更点としてはデコード用ライブラリがLibav v12.3からFFmpeg v4.1へ変更されたほか、macOSではシステム要件がMac OS X 10.7 LionからOS X 10.10 Yosemite以降になり、macOS 10.14 Mojaveではダークモードにも対応しています。

ダークモードのHandBrake

 また、HandBrake v1.2.0ではH.264/H.265(HEVC)エンコード時にFFmpegのVideoToolboxオプションを選択することで、GPUやApple T2などのハードウェア(H/W)を利用するH/Wアクセレーションが初期サポートとして追加されていますが、

Apple T2を使ったhardware-accelerated

Nightly BuildではApple T2を搭載したMacでこのオプションを選択するとエラーが発生するという不具合が確認されているので、H/Wアクセレーションを利用されたい方はeGPUなどの環境で利用してみてください。