LibavからFFmpegライブラリへの切り替えやmacOSのダークモード、H/Wアクセレーション・エンコードを初期サポートしたトランスコーダ「HandBrake v1.2 Nightly」が公開。

HandBrake v1.2 for Mac 仕事効率化
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 LibavからFFmpegライブラリへの切り替えやmacOSのダークモード、H/Wアクセレーション・エンコードを初期サポートしたトランスコーダ「HandBrake v1.2 Nightly」が公開されています。詳細は以下から。

クロスプラットフォーム対応のエンコーダーアプリ「HandBrake」のアイコン

 フランスのThe HandBrake Teamは現地時間2018年12月18日、2003年から開発を行っているオープンソース&クロスプラットフォームに対応したトランスコーダアプリ「HandBrake」の次期アップデート候補となる「HandBrake v1.2 Nightly Build」を公開したと発表しています。

HandBrake v1.2 for Mac

HandBrake 1.2.0

  • Switched core decoding library from Libav to FFmpeg
  • HandBrake now requires OS X 10.10 Yosemite or later
  • Added initial support for VideoToolbox (hardware-accelerated) encoding
  • Added support for Dark Mode in macOS 10.14 Mojave (new Dark Mode toolbar icons require building with Xcode 10 on Mojave)

リリースノートより一部抜粋

HandBrake v1.2

 HandBrakeは2016年12月24日に13年かけてv1.0.0に到達し、その際にはVP9 videoエンコーディングやSkylake以降のIntel CPUでIntel QuickSync Video H.265/HEVCエンコーダーがサポートされましたが、v1.2.0での大きな変更点としてはデコード用ライブラリがLibav v12.3からFFmpeg v4.1へ変更されたほか、macOSではシステム要件がMac OS X 10.7 LionからOS X 10.10 Yosemite以降になり、macOS 10.14 Mojaveではダークモードにも対応しています。

ダークモードのHandBrake

 また、HandBrake v1.2.0ではH.264/H.265(HEVC)エンコード時にFFmpegのVideoToolboxオプションを選択することで、GPUやApple T2などのハードウェア(H/W)を利用するH/Wアクセレーションが初期サポートとして追加されていますが、

Apple T2を使ったhardware-accelerated

Nightly BuildではApple T2を搭載したMacでこのオプションを選択するとエラーが発生するという不具合が確認されているので、H/Wアクセレーションを利用されたい方はeGPUなどの環境で利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました