Apple、複数の脆弱性を修正した「iCloud v7.9/iTunes v12.9.2 for Windows」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがWindows向けに複数の脆弱性を修正した「iCloud v7.9/iTunes v12.9.2 for Windows」をリリースしています。詳細は以下から。

iCloudのアイコン

 Appleは現地時間2018年12月05日、CVEベースで8件の脆弱性を修正したiCloud for Windows 7.9および同じく8件の脆弱性を修正したiTunes 12.9.2 for WindowsをWindows向けに公開しています。

iCloud for Windows 7.9

iCloud for Windows 7.9
iCloud for Windows を使用すると、写真、ビデオ、メール、カレンダー、ファイルなどの重要な情報に Windows PC からアクセスできます。

iCloud for Windows 7.9 の必要条件:

  • Microsoft Windows 7 以降
  • Outlook 2007 以降または iCloud.com (メール、連絡先、カレンダー用)
  • Internet Explorer 10 以降、Firefox 30 以降、または Google Chrome 28 以降(ブックマーク用)

リリースノートより

 iCloud for Windowsを利用すると、Appleのクラウドストレージサービス「iCloud Drive/Photos」を利用することが可能で、iCloud Drive/写真フォルダからiPhoneやiPad, Macなどとファイルを同期することも可能で、iCloud/iTunesともシステム要件はWindows 7以降となっています。

iCloud v7.9/iTunes v12.9.2 for Windows

Windows 10 Spring 2018 Update以降のWindowsとの互換性問題はiCloud for Windows 7.8.1で解消されています。