Apple、Windows 10 Spring 2018 Update以降のWindows 10をサポートした「iCloud for Windows 7.8.1」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがWindows 10 Spring 2018 Update以降のWindows 10をサポートした「iCloud for Windows 7.8.1」をリリースしています。詳細は以下から。

iCloudのアイコン

 Appleは現地時間2018年11月27日、最新のWindows 10(October 2018 Update)をサポートしたiCloudクライアント「iCloud for Windows v7.8.1」を新たにリリースしたと発表しています。

iCloud for Windows 7.7とiCloud for Windows 7.8.1

iCloud for Windows 7.8.1 の必要条件:

  • Microsoft Windows 7 以降
  • Outlook 2007 以降または iCloud.com (メール、連絡先、カレンダー用)
  • Internet Explorer 10 以降、Firefox 30 以降、または Google Chrome 28 以降(ブックマーク用)

リリースノートより

 iCloud for Windowsについては2018年10月08日にリリースされたiCloud for Windows v7.7でWindow 10との互換性に問題が確認され、その後10月31日にリリースされたiCloud for Windows v7.8でもWindows 10 Spring 2018 Update以降のWindows PCでアップデートできない状態が続いていましたが、

iCloud for Windows 7.7

本日リリースされたv7.8.1では必要条件がこれまでの「Windows 7以降」に修正されており、最新のWindows 10にも適用できるようになっているので、Windows環境でiCloud Driveや写真、メールや連絡先の同期を行っている方はアップデートしてみてください。

iCloud for Windows 7.8.1