MojaveにアップグレードしていないMacに表示される「macOS Mojaveアップグレード」通知を止める方法。

スポンサーリンク

 MojaveにアップグレードしていないMacに表示される「macOS Mojaveアップグレード」通知を止める/消す方法です。詳細は以下から。


 Appleが2018年09月に正式リリースしたmacOS 10.14 Mojaveではダークモードスタック機能、各アプリでのeGPUVive Proのサポートが行われていますが、AppleがNVIDIAのグラフィックドライバのアップデートを拒否していることや、将来のmacOSでは32-bitアプリがレガシィソフトウエアとして、古い映像コンテンツがレガシィメディアとして利用できなくなることから、

macOS 10.14 Mojaveが自動ダウンロードされたmacOS 10.13 High Sierra

Mojaveへのアップデートを控えている方もいると思いますが、Appleは同時にMojaveへのアップグレードを促す通知を開始したので、この通知「macOS Mojaveアップグレード」が煩わしいという方向けに、通知を止める/導入させない方法を以下にまとめました。

スポンサーリンク

アップグレード通知

CUI

 macOS Mojaveへのアップグレード通知はAppleがOS X 10.11 El Capitanから導入した最新のmacOSの自動ダウンロード機能とそれをユーザーに通知するmacOS Installer Notificationによって処理されているため、

macOS Installer Notification for Mojave

この通知機能をまだ受け取っていない方は、以下の”softwareupdate”コマンドでmacOSInstallerNotification_GMのインストールを”ignore”することで通知機能のロールアウトを拒否することができます。

  • 受信していないソフトウエア・アップデートに”macOSInstallerNotification_GM”が含まれているかチェックする。
  • softwareupdate -l --include-config-data
  • “macOSInstallerNotification_GM”があれば以下のオプションで拒否。
  • softwareupdate --ignore macOSInstallerNotification_GM
  • 再び”macOSInstallerNotification_GM”が必要となった場合は、以下のオプションでリセット。
  • softwareupdate --reset-ignored macOSInstallerNotification_GM

GUI

 以上の方法はmacOS 10.13 High Sierraを再インストールした直後など”macOSInstallerNotification_GM”を受信していない事が条件ですが、AppleはMojaveのインストーラー通知を10月17日頃からバックグラウンドでロールアウトしているため、多くのユーザーはこれが以下のディレクトリにインストールされていると思われるので、

「macOS Mojaveアップグレード」通知

/Library/Bundles/OSXNotification.bundle

macOS Mojaveへのアップグレード通知が不要な方はこの”OSXNotification.bundle”ファイルを削除、または別のディレクトリに移動してやることで通知を止めることが可能なので、通知が煩わしい方は試してみてください。