macOS 10.14 Mojaveでは一部のMacでHTC VRヘッドセットのプラグインプレイと「Vive Pro」がサポート。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveでは一部のMacでVRヘッドセット「HTC Vive Pro」がサポートされています。詳細は以下から。


 Appleは2018年03月にリリースしたmacOS High Sierra 10.13.4でeGPUをサポートし、これまでdGPUを搭載したiMac/iMac ProでしかサポートされていなかったVRヘッドセットがeGPUに接続されたMacBook Proでも利用できるようになりましたが、macOS 10.14 MojaveではWWDC 2018で発表されたとおり、HTC VRヘッドセットのプラグインプレイ&Vive Proがサポートされているそうです。

That’s a lot of power that is now in your hands. But we are not limiting our service to iMac on their own. With recent announcement of extended GPU support, you can now turn any Mac into powerful workstation that gives you more than 10 [inaudible] of processing power. And that’s not all. Today we are introducing plug and play support for HTC Vive head mounted display.[…] And together with Vive Pro support comes improved tracking system. So, you might be wondering how you can start developing VR application on Mac OS. Both HTC Vive and Vive Pro work in conjunction with Valve SteamVR runtime, that provides a number of services including VR compositor.

VR on macOS

 macOS 10.14 Mojaveで新たにサポートされたHTC Vive Proは、2枚の(片目あたり)1440×1600ピクセル/616ppi@90Hzの3.5インチ・デュアルAMOLEDディスプレイが搭載され、HTC Viveと比較して解像度が78%、PPIが37%向上し、

HTC ViveとVive Proの比較

4K UHD TVよりも広い解像度でフロントに設置されたMR用のステレオカメラやSteamVR Tracking 2.0Metal 2 for VRを利用したVR開発が行えるそうなので、HTC Viveをお持ちの方は試してみて下さい。