Apple、OS X 10.11.5 El CapitanからmacOS High SierraがインストールされたMac向けに「macOS 10.14 Mojave」の自動ダウンロードを開始。

スポンサーリンク

 AppleがOS X 10.11.5 El CapitanからmacOS 10.13 High Sierra向けに「macOS 10.14 Mojave」の自動ダウンロードを開始しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年10月17日、同社が09月24日にリリースしたmacOS 10.14 Mojaveのインストーラーをバックグラウンドで自動的にダウンロードし、インストーラーがダウンロードされたことを知らせる通知拡張macOS Installer NotificationをOS X 10.11.5 El Capitan以降がインストールされているMacにロールアウトしましたが、10月19日からこの自動ダウンロードが開始されています。

macOS 10.14 Mojave Installer Notification

ダークモード、スタック、新しいAppと新しいMac App Storeを入手。

 自動ダウンロード機能はOS X 10.11.5以上のEl Capitan以降のOS X/macOSに実装されており、Macの起動ディスクに十分な空き容量がある場合はユーザーの承認なしにバックグラウンドで約5GBの「macOS Mojaveインストール」アプリがダウンロードされ、ダウンロードが完了するとmacOS Mojaveのインストールを今すぐ開始できることを通知センターで通知してくれます。

macOS 10.14 Mojaveが自動ダウンロードされたmacOS 10.13 High Sierra

macOS Mojave を自動入手する
OS X El Capitan v10.11.5 以降を使っていて、App Store の環境設定で新しいアップデートをダウンロードするように設定している場合、Mojave は邪魔にならないようにバックグラウンドでダウンロードされるので、アップグレードが一段と簡単になります。Mojave をインストールできるようになったことを知らせる通知が届きます。「インストール」をクリックして、インストールを始めてください。

macOS Mojave にアップグレードする方法 – Apple サポート

 表示された通知の[インストール]ボタンをクリックしてもmacOS Mojaveのインストーラーが起動するだけで、自動でmacOSがアップグレードされることはありませんが([詳細]ボタンはMac App Storeが表示されます)、この機能が不要な方はシステム環境設定アプリの[App Store] → [✅ 新しいアップデートをバックグラウンドでダウンロード]オプションをOFFにすることで、自動ダウンロードを止めることが可能です。

macOS 10.14 Mojaveのインストーラー起動画面

コメント

  1. 匿名 より:

    ありがた迷惑。

  2. 匿名 より:

    お節介もいいけど、2018 MBPでのアップグレード失敗問題は解決したのかな。とりあえず今の段階で、2018 MBPユーザーでまだアップグレードしてなければ、勝手なことはさせない方がいいかも。