macOS 10.14 Mojaveでは次期macOSで非サポートとなる32-bitアプリを「レガシーソフトウェア」として確認可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveでは次期macOSで非サポートとなる32-bitアプリがレガシーソフトウェアとして確認可能になっています。詳細は以下から。

WWDC 2017で利用された64-bitアイコン。

 Appleは2018年06月に開催されたWWDC 2018の“2018 Platforms State of the Union”の中で、2018年09月25日にリリースされるmacOS 10.14 Mojaveを32-bitアプリをサポートする最後のmacOSにすると発表しました。これにより、順当に行けば次期macOS 10.15では32-bitアプリが起動しなくなりますが、これに対しAppleはmacOS 10.14 Mojaveに32-bitアプリを確認できる機能を搭載しています。

macOS 10.14 Mojaveは32-bitアプリをサポートする最後のmacOS

次期macOSでは32-bitアプリだけでなく、QuickTime(7)フレームワークやJava 1.6 Appleフレームワーク、Carbon HLTBなどの32-bitフレームワークも廃止されるので、64-bitアプリでも影響を受ける場合があります。

スポンサーリンク

32-bitアプリをチェックする

 利用しているMacの中に次期macOSでは動かなくなる32-bitアプリ/フレームワークがあるかを確認したい場合は、Appleメニューから[このMacについて] → [システムレポート…]またはOptionキーを押しながらAppleメニューを表示し[システム情報]を開きます。

macOS 10.14 Mojaveのシステム情報

/Applications/Utilities/System Information.app

 次に[ソフトウェア] → [レガシーソフトウェア]を開くと、32-bitアプリ/フレームワークの会社名(例、Adobe Systems, Inc.)と32-bitアプリ/フレームワークのパスが表示されます。

 Beta版で色々と確認したところ、64-bit化が行われているアプリでも、32-bitフレームワークを利用していたり、インストーラーだけが32-bitで新規インストールができないという場合も確認できたので、比較的古い環境やアプリをお使いの方は次期macOSがリリースされるまでによく検証することをお勧めします。

32-bitアプリ終了へのタイムライン

  • 2017年09月25日
    ▶ 32-bitアプリをフルサポートするmacOS「macOS 10.13 High Sierra」をリリース。
  • 2018年01月
    ▶ Mac App Storeで公開する新しいアプリは64-bit化が必須に。
  • 2018年04月
    macOS 10.13.4 High Sierraで32-bitにアプリ起動時に警告を表示
  • 2018年06月
    ▶ Mac App Storeに存在&アップデートするアプリに64-bit化を必須に。
  • 2018年06月
    macOS 10.14 Mojaveが32-bitアプリをサポートする最後のmacOSになると発表
  • 2018年09月
    macOS 10.14 Mojaveをリリース。レガシーソフトウェア確認機能を追加。
  • 2019年秋(?)
    ▶ macOS 10.15(?)で32-bitアプリとフレームワークのサポートを終了へ。