macOS Mojaveの「ダークモード」と新しいセキュリティ機能「Enhanced Runtime」と「Notarized」に対応した「Bartender v3.0.47」がリリース。

スポンサーリンク

 macOS Mojaveのダークモードと新しいセキュリティ機能「Enhanced Runtime」と「Notarized」に対応した「Bartender v3.0.47」がリリースされています。詳細は以下から。

Bartender v3のアイコン

 イギリスのSurtees Studiosは現地時間2018年08月16日、Test Buildを公開し次期macOS 10.14 Mojaveへの改善を行っていたMac用ステータスメニュー拡張アプリ「Bartender v3」の最新バージョン「Bartender v3.0.47」を新たにリリースしたと発表しています。

Bartender 3 3.0.47
macOS Mojave Support
In macOS Mojave Bartender 3 will prompt for accessibility authorization. It has support for dark mode, has hardened runtime enabled and is notarized for added security.

リリースノートより

 BartenderシリーズはMacのステータスメニューに表示されているアプリケーションアイコンやステータスアイコンを隠したり操作することが出来るアプリで、v3以降ではAppleのSIP(rootless)に対応するためメニューバーの下にステーテスメニューを表示するBartender Barが利用できなくなっていますが、

Bartender for Macの紹介

新たに公開された「Bartender v3.0.47」では、macOS 10.14 Mojaveのダークモードがサポートされ、macOSのSIPをアプリにも拡張するEnhanced RuntimeおよびMac App Store外で公開するアプリをレビューなしにAppleに公証してもらえるNotarizedサービスに対応し、見えないところでセキュリティの強化が行われており、

また、Bartenderがアクセシビリティ機能を利用することを許可されているかを確認し、許可されていない場合はシステム環境設定のアクセシビリティパネルを開き、許可を求めるプロセスが追加されているそうなので、興味のある方はトライアル版を利用してみてください。