macOS 10.14 MojaveではWindows PCからデータを移行する「移行アシスタント」がアップデートされ、サポートされるサードパーティアプリが増えるもよう。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveではWindows PCからデータを移行する「移行アシスタント」もアップデートされ、Outlookなどサードパーティアプリからのデータの移行も可能になるようです。詳細は以下から。

macOSの移行アシスタント

 Appleは現地時間2018年08月06日、開発者向けに「macOS Mojave 10.14 beta 6 Build 18A353d」を公開しましたが、同バージョンからはWindows PCからMacへスイッチするユーザー向けに搭載されている、Windows PCのデータをMacへ移行するユーティリティアプリ「移行アシスタント」のアップデートが開始されているそうです。

Starting in macOS Mojave 10.14 beta, the Setup Assistant and Migration Assistant applications are able to migrate certain data from a PC running Windows. Your accounts are transferred, along with their documents, email, contacts, and calendar data from popular programs such as Microsoft Outlook.

Apple Developer Toolsより

 Appleは2015年にリリースしたOS X 10.11 El Capitanで移行アシスタントをアップデートし、P2P over Wi-Fiをサポートしましたが、macOS Mojaveの移行アシスタントではMicrosoft Outlookなどのサードパーティ製アプリからアカウントやドキュメント、メール、カレンダーデータなどが移行できるようになると記載されているため、次回のアップデートでは現在も移行可能な以下のアプリからのデータに加えサポートされるアプリなどが増えるようです。

現在転送できるデータ

  • Microsoft Outlook (32-bitのみでOutlook 2013/2016は非対応)
    • 連絡先
    • 予定
    • POP/IMAP/Exchange設定およびメッセージ
  • ピクチャ
  • Outlook Express
    • 連絡先
    • POP/IMAP設定およびメッセージ
  • Windows Live Mail
    • POP/IMAP設定およびメッセージ
  • Windows メール
    • POP/IMAP設定およびメッセージ
  • Internet ExplorerおよびSafari, Firefox
    • お気に入り
  • iTunesコンテンツ
    • ミュージック、ムービー、その他のiTunesライブラリファイル
    • お気に入り
  • 言語、位置情報などのシステム設定

 Windows PCからのデータ移行には最新の「Windows 移行アシスタント」アプリが必要で、AppleのDeveloperポータルサイトで公開されているので、試したい方はアクセスしてみてください。

Appleは同時にKernel Debug Kit 10.14 Build 18A353dも公開しています。