macOS 10.14 Mojaveでは時刻に合わせてデスクトップ壁紙を変化させる「ダイナミックデスクトップ」機能が利用可能に。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveでは時刻に合わせてデスクトップ壁紙を変化させる「ダイナミックデスクトップ」機能が利用可能になっています。詳細は以下から。

デスクトップとスクリーンセーバー

 Appleは現地時間2018年09月24日にリリースしたmacOS 10.14 Mojaveで壁紙を現在の地域とその時間帯に合わせて自動的に変更できる「ダイナミックデスクトップ(Dynamic Desktop)」機能を導入しました。

macOS 10.14 MojaveのDynamic Desktop画像アニメ

デスクトップが時を追いかける。
2つの新しい時間推移デスクトップが登場しました。あなたがどこにいても、その場所の時刻に合わせて変化します。

macOS 10.14 Mojaveのプレビューより

スポンサーリンク

使い方

 ダイナミックデスクトップはmacOS 10.14 Mojaveを新規インストールするとデフォルトで設定されていますが、下位のmacOS/OS Xからアップグレードされた方は、システム環境設定アプリの[デスクトップとスクリーンセーバ]パネルから設定することができます。

ダイナミックデスクトップについて

 AppleからmacOS 10.14 MojaveのBeta版が公開されると、すぐにダイナミックデスクトップの解析が始まり、ダイナミックデスクトップは16枚の画像を含んだ1つのHEICファイルに圧縮したものだということが確認され、そのHEICファイルを作成できるwallpapper“コマンドも公開されているので、好きな壁紙を作成したい方は試してみて下さい。

おまけ

 また、AppleはmacOS 10.14 Mojaveで多くの壁紙を廃止し、新しい壁紙を導入しているので、気になる方は以下のディレクトリをチェックしてみてください。。

/Library/Desktop Pictures/