MacBook Pro (2018)およびBlackmagic eGPU、GeForce GTX 1080 TiのOpenGLベンチマークスコア比較。

スポンサーリンク

 MacBook Pro (2018)およびBlackmagic eGPU、GeForce GTX 1080 TiのOpenGLベンチマークスコアの比較です。詳細は以下から。


 Appleは先日、Intelの第8世代 Coreプロセッサを搭載したMacBook Pro (2018)を発売するとともに、MacBook ProでもiMac 5K 27インチのハイエンドモデルと同等のグラフィックス性能が利用できるよう開発されたBlackmagicのThunderbolt 3対応eGPUBlackmagic eGPUを同時に発売しましたが、

このBlackmagic eGPUはThunderbolt 3対応のMacBook Proのグラフィックス性能を大幅に上げてくれるものの、OpenCLスコアは2017年に発売されたGeForce GTX 1060搭載のSurface Book 2 (15インチ)と同程度で、

GeForce GTX 1080 Tiの4分の1程度だという事を元Appleのエンジニアで、現在はDropboxのエンジニアリングマネージャーを務めるMichael Margolisさんがツイートしていたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

Geekbench OpenCL

 MacBook Pro (2018) 15インチモデルのGeekbenchのOpenCLスコアは以前Geekbenchを開発しているJohn Pooleさんが公開していましたが、13インチモデルはその際は公開されておらず、Geekbench開発者のJohn Pooleさんに聞いたところ「あまり変わらないと思うけど、興味があるならここで調べて」と言われたので、今回はそのデータとMichaelのデータを用いてプロットしています。

MacBook Pro 2018のOpenCLベンチマーク

 結果は以下の通りで、Blackmagic eGPUのスコアはThunderbolt 3接続のため同じRadeon Pro 580を搭載したiMac 5K (2017)ハイエンドモデルに10%ほど及ばず、GeForce GTX 1060搭載のSurface Book 2 (15インチ)と同程度で、GeForce GTX 1080 Tiの半分程度のスコアとなっています。

 iMac Proが発売されたときも、旧Mac Pro + GeForce GTX 1080 Tiの方がグラフィックス性能だけはいいという結果が出ていたので、Appleは非公認ですが予算がある方はGeForce GTX 1080 Ti + eGPUエンクロージャーを試してみてください。

おまけ

 9to5MacがMacBook Pro (2018)とBlackmagic eGPUを用いたGeekbench 4 (Metal)やFinal Cut Pro Xのベンチマークを公開しています。

コメント

  1. 匿名 より:

    期待して買ってみたけどfortniteでもカクカク…
    3DレンダリングとゲームはWindowsにはかなわないのかな
    せめてBootcampではまともに使えるようにしてほしい

  2. 匿名 より:

    そりゃ1080Tiとは勝負にならんでしょう。1060相当の性能でも十分かと。

  3. 匿名 より:

    演算性能だけじゃなく、グラフィックメモリーの量も大事なんだけどな…。

  4. 匿名 より:

    そもそも用途が違うのですから、過度な期待しちゃいかんでしょ。コレで以てMacはWin以下だとかヌカすカスぃアタマが増えないことを祈るばかりです

  5. 匿名 より:

    Thunderbolt 3の帯域は理論上PCIe X4相当になるが実性能はX1といい勝負だそうだ
    従ってeGPUに1080Tiを繋げても、4割から7割程度の性能という実験結果があった
    高性能のGPUほどボトルネックになるのでこの程度のGPUで妥当なんだろうね

  6. 匿名 より:

    そもそもMacだとGPUは純粋に性能よりも消費電力とのバランスを重視して、何故かデスクトップも筐体をより薄くする方向でやってるからMac以外と比べるのは論外だよ。
    CUDA捨ててる時点で求めちゃダメ。

  7. 匿名 より:

    まともにOSとほとんどのアプリは対応してないし、
    RX580の価格からして5万が妥当。すぐフリーズするたっかいハブ