Apple、「iOS 12」を発表。システム要件はiOS 11デバイスと同じで2018年秋にリリース予定。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがWWDC 2018の基調講演にてiPhone/iPad用OS「iOS 12」を発表しています。詳細は以下から。

iOS 12 Draft

 Appleは現地時間2018年06月04日から米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターで開催している「WWDC 2018」にて次期iOS「iOS 12」を新たに発表しています。

iOS 12をサポートしたデバイス

iOS 11をサポートしたデバイスはiOS 12へアップグレード可能

 iOS 12のシステム要件はiOS 11と同じで、iOS 11で非サポートとなったAppleの32-bit SoC”Apple A6″を搭載した「iPhone 5」および「iPhone 5c」はアップグレードできませんが、2013年に発売されたiPhone 5sやiPad Air, 第6世代iPod touch以降のデバイスはアップグレード可能となっています。

iOS 11対応デバイス

iPhone iPad iPod
iOS 12
サポートデバイス
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
12.9インチ iPad Pro(第2世代)
12.9インチ iPad Pro(第1世代)
10.5インチ iPad Pro
9.7インチ iPad Pro
iPad Air 2
iPad Air
iPad (第6世代)
iPad (第5世代)
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2
第6世代 iPod touch

 iOS 12は対応デバイスに対し無償アップグレードとして提供され、リリースは2018年秋を予定しています。

スポンサーリンク

Beta Program

 また、AppleはiOS 12の発表に当たり開発者に対しは本日より、Public Betaユーザーに対しては6月末よりBeta版を提供すると発表しています。

iOS 12プレビュー

更新中