Apple、iOS 11およびmacOS High Sierraで「Canon PowerShot G1 X Mark III」や「Panasonic LUMIX DC-FZ8x/G9」のRAWフォーマットをサポート。

スポンサーリンク

 Appleが最新のiOS 11およびmacOS High Sierraで「Canon PowerShot G1 X Mark III」や「Panasonic LUMIX DC-FZ8x/G9」のRAWフォーマットをサポートしたと発表しています。詳細は以下から。

iOS 10のカメラアイコン。

 Appleは現地時間2018年04月03日、昨年09月に公開していたiOS 11およびmacOS High SierraでサポートするRAWフォーマットのカメラリストを更新し、複数のメーカーのカメラをリストに追加しています。

2018年04月03日に追加されたRAWカメラ

iOS 11 and macOS High Sierra include enhanced support for processing digital camera RAW formats, providing better detail and improved noise reduction. These RAW formats offer greater image-editing flexibility on macOS with Photos, Preview, and many third-party apps, and on iOS using third-party apps that support RAW. Support for additional RAW formats is added over time. This list is current as of 3 April 2018.

Digital camera RAW formats supported by iOS 11 and macOS High Sierra – Apple Support

 新たに追加されたのはCanon PowerShot G1 X Mark IIIやFujifilm X-A10、Panasonic LUMIX DC-FZ8xおよびLUMIX G9など以下のカメラ(diff)で、

  • Canon PowerShot G1 X Mark III
  • Canon PowerShot G9 X Mark II
  • Fujifilm X-A10
  • Panasonic LUMIX DC-FZ80
  • Panasonic LUMIX DC-FZ81
  • Panasonic LUMIX DC-FZ82
  • Panasonic LUMIX DC-FZ83
  • Panasonic LUMIX DC-FZ85
  • Panasonic LUMIX G9

これらのカメラのRAW画像はステムレベルでサポートされるため、Appleのプレビューや写真アプリ、サードパーティ製のアプリでもRAW画像を扱うことが出来るので、ユーザーの方はチェックしてみて下さい。

macOSでサポートしているRAWフォーマットのカメラはシステム情報アプリの[ソフトウェア] → [RAWサポート]からチェックできます。