Apple、Final Cut ProやMotionなどの最低システム条件を「macOS 10.13.2以降」に変更。

スポンサーリンク

 AppleがFinal Cut ProやMotionなどの最低システム条件を「macOS 10.13.2以降」に変更しています。詳細は以下から。

Final Cut Pro Xのアイコン

 Appleは現地時間2018年04月05日ProRes RAWやクローズドキャプションツールをサポートした「Final Cut Pro 10.4.1 (以下、FCP)」を04月09日より発売すると発表しましたが、このアップデートでは最低システム条件(互換性)が変更されるようです。

Final Cut Pro v10.4.1のシステム要件

Final Cut Pro 10.4.1は、既存のユーザには無料で、新しいユーザには34,800円で、Mac App Storeで4月9日から提供されます。Motion 5.4.1とCompressor 4.4.1もまた、既存のユーザには無料で、新しいユーザにはそれぞれ6,000円にてMac App Storeで4月9日から提供されます。教育関係のユーザはPro Apps Bundle for Educationを22,800円で購入することができます。詳しくは apple.com/final-cut-proをご覧ください。

Final Cut Pro Xがアップデート、ProRes RAWと高度なクローズドキャプションが可能に – Apple (日本)

 Appleが昨日アップデートしたFCPの互換性情報は昨年12月にリリースされたFCP v10.4などと比較して以下の様に変更されており、最低システム条件がmacOS 10.13.2 High Sierraへ引き上げられています。

Final Cut Pro X 10.14.1の最低システム条件

FCPのバージョン v10.3.4 v10.4 v10.4.1
リリース日 2017年05月26日 2017年12月14日 2018年04月09日
(予定)
最低システム条件 OS X 10.11.4以降 macOS 10.12.4以降 macOS 10.13.2以降
メモリ 4GBのRAM
(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集用には8GBを推奨)
GPU OpenCLに対応するグラフィックカード
またはIntel HD Graphics 3000以降
VRAM 256MBのVRAM
(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集用には1GBを推奨)
ディスク容量 4.15GB 4GB 3.8GB

 また、Appleは同時にMotionやCompressorの最低システム条件もmacOS 10.13.2以降に引き上げており、macOS Sierraで動くのは現在Mac App Storeで販売されている「FCP v10.4」までとなるようです。

Mac App StoreのFinal Cut Pro

スポンサーリンク

おまけ

 FCP v10.4.1へのアップデートのためにmacOS High Sierraにアップデートされる方もいると思われますが、High Sierraでは「Final Cut Studio」や「Logic Studio」などの旧プロアプリが起動できない状態になっており、Appleもサポートドキュメントを公開しているので、ユーザーの方は注意して下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    開発やめたと思ってた。まだやってるのね。

  2. 匿名 より:

    High Sierra専用だと、アプリかOSどちらが悪いかわかんないよね。
    どちらも、仕事では無理ね。
    FCPXにせず、Premiereに移行して良かった。決してpremiereも良くないけど。