Apple、プロ向けアプリを利用しているユーザーに対し「Final Cut Studio」などの古いアプリがmacOS High Sierraでは起動しなくなることを通知。

スポンサーリンク

 Appleがプロユーザー向けビデオ編集アプリを利用している一部のユーザーに対し「Final Cut Studio」などの古いアプリがmacOS High Sierraでは起動しなくなることを正式に通知しているそうです。詳細は以下から。

Final Cut Studioのアイコン

 AppleInsiderや一部の映像編集者などによると、Appleは今年の秋にリリースを予定しているmacOS 10.13 High Sierraで、「Final Cut Studio」など同社の古いプロユーザー向けのアプリが起動しなくなることを正式に通知しているそうです。

Our records show that you may be using applications included in Logic Studio. We wanted to share some important compatibility information about these applications and macOS High Sierra, which will be available this fall.
Older versions of Apple pro video applications – including applications in Final Cut Studio – will not launch on a computer running macOS High Sierra.

Twitterより

High Sierra対応のプロアプリ

 High Sierraでのプロ向けアプリについてはAppleは2017年07月13日にサポートドキュメントを公開し、現在もアップデートを続けているプロ向けアプリは以下のバージョンでHigh Sierraに対応しているとして、Final Cut StudioやLogic Studioなどの旧プロアプリを利用しているユーザーには移行するように促し、

High Sierraに対応しているプロアプリ

  • Final Cut Pro X 10.3.4またはそれ以降のバージョン
  • Motion 5.3.2またはそれ以降のバージョン
  • Compressor 4.3.2またはそれ以降のバージョン
  • Logic Pro X 10.3.1またはそれ以降のバージョン
  • MainStage 3.3またはそれ以降のバージョン

Final Cut Pro XとMotionとCompressorとLogic Pro X とMainStageのアイコン

macOS High Sierra のリリースに備えましょう。Final Cut Pro、Motion、Compressor、Logic Pro、MainStage などのプロ向けアプリケーションをアップデートしておいてください。[…]これらのアプリケーションを最新バージョンにアップデートするか、App Store からご購入ください。以前のバージョンの該当アプリケーション (Final Cut Studio や Logic Studio の付属アプリケーションもすべて含む) は、macOS High Sierra に対応していません。

Apple プロ向けアプリケーションと macOS High Sierra について – Apple サポート

その後、High Sierra betaで旧プロアプリを利用されているユーザーから「High Sierra betaヘアップグレードしたところFinal Cut Pro 7やApple Qmaster, Compressor, DVD Studio ProなどのFinal Cut Studioアプリが起動しなくなった」という報告がされていましたが、

今回の通知によると、これはBeta版のmacOSで発生している不具合などではなく、AppleはHigh Sierraで正式に旧プロアプリを起動しないようにしているそうなので、これらのアプリを利用されている方はmacOS 10.13 High Sierraへアップグレードすることを控えるか、他のプロアプリへの移行を検討する必要がありそうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    プロ向けアプリではないけど、iLifeの一員だったiWebが動くのか気になる…

  2. 匿名 より:

    プロ向けの写真管理とRAW現像アプリが無い、LightRoomに移行。Appleを・・・Macを使う意味が薄れる。ビデオ編集ソフトがプロ向けで無い・・・PremiereProに移行・・・Macを使う意味が薄れる・・・???が募る。SurfaceStudioを触る、知る。Win10いんじゃね?・・・・Windowsに移行・・幸せになる。このイメージ。良い感じ?

  3. 匿名 より:

    新しいのは、ゴミソフトばかりで
    Apple製ソフトに仕事で使用するリスクを思い知ったよ!
    せめてiMacProで動けば、古いのも捨てられたし…
    (もちろん、書き出しでも出来るけど完全な再現は無理だしね)

    嫌いだけとWinodwsの方が….
    今やユーザーの声をちゃんと聞くし。泣く泣く移行したよ。

  4. 匿名 より:

    プロなら最新環境を整っておけよ
    利用して稼いでんだろ

    • 匿名 より:

      プロだから使い慣れてて安定してる物を使うんだよ
      報酬に見合わない機材リプレースなぞ金の無駄

  5. 匿名 より:

    昔のfinal cut studioはプロで使ってるとこ多かったんだけど
    今のxになってからはプロで使ってるとこは減ってるんだよね。

  6. 匿名 より:

    使えない最新機種に投資なんかしないよ!
    ハイエンドがゴミだから。

  7. 匿名 より:

    今のMacProじゃ仕事にならないから文句言ってるのに
    わからんやつ多いな
    2013から進化してないのに、最新環境もないね。

  8. 匿名 より:

    プロ向けだけじゃなくiアプリもドンドンだめになっていく。
    ほんとMacを使う意味が薄れていく。

    • 匿名 より:

      同意です。
      昔のOfficeのように余計な機能追加、機能改悪でイライラする。
      テキスト選択ぐらいでも、肝心な箇所が選択できず、変な箇所で選択される
      昔のiOSでは、こんな事なかったのに…

      このままだと、iPhoneを使う意味もなくなるかも。

  9. 匿名 より:

    Xシリーズで評判が高いのがLogicだけというくらいこいつの順当な進化っぷりがすごいからな。
    逆にiMovieに無理して寄せようとしたFinalCutがここまで酷い評判になるとは思ってもなかったわ

    • 匿名 より:

      あまりにも酷いのでPremierに移行したけどFinalCutと認めたくないレベルでした。
      iMovie Proですね。
      昔のプロジェクトは開けない、Appleお家芸の互換性切りでプラグインは動かない。
      Premier移行でMacである必要も無くなったのでWin10+Dellのワークステーション入れました。凄く快適です(泣)