クラウドストレージユーティリティ「Mountain Duck for Mac」がv2へアップデートし、クライアントサイド暗号化手法「Cryptomator」に対応。

スポンサーリンク

 クラウドストレージユーティリティ「Mountain Duck for Mac」がv2へアップデートし、クライアントサイド暗号化手法「Cryptomator」に対応しています。詳細は以下から。

Mountain Duckのアイコン。

 Mac用FTP/SFTPクライアント「Cyberduck」シリーズなどを開発しているドイツiterate GmbHは現地時間2017年09月07日、Dropboxなどのクラウドストレージをマウントし外部ストレージの様に利用することが出来るMac用クライアント「Mountain Duck」をv2.0へメジャーアップデートし、新たにクライアントサイド暗号化手法「Cryptomator」をサポートしたと発表しています。

Mountain Duck v2のリリースノート

Mountain Duck 2
Posted on September 7, 2017 by David Kocher
We are happy to announce Mountain Duck 2 – featuring support for client-side encrypted Cryptomator interoperable vaults – foolproof client-side encryption for cloud storage mounted on your desktop.

Mountain Duck 2 – Blog

 Cryptomatorはクラウドストレージサービスへの不正アクセスに備え、クラウドへアップロードする前にクライアント(ユーザー)サイドで暗号化すべきであるという考えのもと開発されているOSSプロジェクトで、以下の様にAES-256bitを利用してファイルおよびディレクトリが暗号化されます。

また、Mountain Duck v2.0では新たにMicrosoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」への接続がサポートされた他、MacではFinderのコンテキストメニューにURLをコピーする機能などが追加されています。

Microsoft OneDriveをサポートしたMountain Duck