Mac用デジタルスクラップアプリ「Pixave」がv2.2へアップデートし、ライブラリのiCloud同期やTouch Barをサポート。

スポンサーリンク

 Mac用デジタルスクラップアプリ「Pixave」がv2.2へアップデートし、ライブラリのiCloud同期やTouch Barをサポートしたと発表しています。詳細は以下から。


 Pixaveは韓国LittleHJが開発し、Mac App Store Best of 2015にも選出された画像を保存しタグやカラーなどで検索できるMac用デジタルスクラップアプリですが、このPixaveがv2.2へアップデートしiCloud同期やTouch Barをサポートしたと発表しています。

What’s New in Version 2.2.0

  • Support iCloud Sync for all your libraries
  • Support for Touch Bar on the new MacBook Pro
  • Improved tagging UI in Inspector
  • A new preference to zoom or scroll to top in Browser View
  • Added the ability to set poster frame for changing a thumbnail image in movie view
  • Added the ability to change file name when edit title in Inspector
  • Fixed a problem where import from iPhone/iPad/Camera
  • Fixed a problem where some icons didn’t display correctly on iMac 5K, MacBook Pro 2016
  • Fixed a crash that would occur when searching
  • Fixed a minor UI issues

iCloud

 Pixaveは現在Mac版しかリリースされていないため、iCloud同期は複数のMacを持つユーザー向けの機能となっていますが、iCloudを利用してライブラリを同期できるようになっており、今まで通りDropboxやGoogle Driveなどでのクラウド同期も利用可能です。

Touch Bar

 Touch Barから利用できる機能は、QuickLookやインスペクターの表示、タグ付け、検索、ズーム、サイドバーの表示などで、画像にフォーカスするとAppleの写真アプリのようにTouch Bar上にスクラップした画像のサムネイルが表示されます。

 Pixaveの価格は1,800円ですが公式サイトには無料のトライアル版も用意されており、iPad版のリリースも予定されているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    もともと iCloud にライブラリ置いて問題なく同期されてたけど、ワンクリックでできるようになったって感じかな